復縁方法・マニュアル

復縁を成功させるための恋の駆け引きテクニック

復縁を成功させるのであれば駆け引きは重要な要素を握っています。
一度別れているだけに、一方的に復縁を求めても上手くいかせることは難しいですし、成功しても主導権を握られてしまいます。
相手もその気にさせて、あちらから復縁を求めてくるくらいにすることが成功のポイントです。
復縁に繋げる駆け引きの方法をご紹介します。

■連絡は不定期に行う
まずは連絡ですが、自分から送るのは問題ありません。むしろ相手の気を引くためには最初は自分から仕掛けましょう。
連絡取り始めのうちは少し頻度を多めにして、相手に「復縁したいのかな」という興味を持たせましょう。
そこまでの仕込みが終わったら連絡の頻度を減らします。そうすると相手はこちらの考えが読めなくなりますので、気になってしまいます。
その連絡の中に「好きな人ができたか」や「寂しい」など復縁を望んでいることを匂わせるキーワードを時々入れてみましょう。
ここで相手から連絡が来るようになれば食いつかせたも同然です。あとは適度に返事を返すようにして相手からの連絡の方が多くなる状態を作り上げます。
すぐに相手から連絡が来るようにならなくても焦ってはいけません。付かず離れずのペースを維持しながらじっくりと待つことが大切です。

■恋人の時のようには振舞わない
連絡が取れるようになって復縁の道が開けてきても、まだ元に戻ったわけではないので恋人同士の時のように振舞ってはいけません。
どこかで一線を引くことで、別れてしまっていることを相手にも意識させるようにします。
会おうという話になってもそのためにスケジュールを調整しない、誕生日などの特別な日には会わないようにするなど、今まで通りにはいかないということをわからせます。
必要以上に遠出をしないことやあまり遅い時間には会わないようにする配慮も必要です。
ここで恋人の時と同様に振舞ってしまえば相手にとっては都合の良い関係になってしまうので復縁は望めなくなってしまいます。
正式に復縁をしない限りはせいぜい仲の良いお友達の線は越えないようにしましょう。

■嫉妬をさせる
復縁への進捗が進まないようであれば、少し相手を嫉妬をさせて様子を窺うテクニックもあります。
例えば他の人に会っていることを示唆するような発言をしてみたり、別れてから始めたことを自慢して充実した時間を過ごしていることをアピールしてみます。
相手からしてみると復縁の方向へ進みそうと期待しながらも、そうはいかないのではないかという焦りが出てきて関係が進む可能性があります。
人間誰しも手が届く範囲にいながら離れていくのは悔しいものです。最初は余裕を持っていた相手を嫉妬させることで、本気で復縁を求めてくるように導くのです。

復縁をする時は初めて恋人になる時とは違った駆け引きが求められます。
お互いのことは良く分かっているだけに、相手の性格を逆手にとった駆け引きを心掛けましょう。
多少時間が掛ったとしても、相手の心をしっかりと掴んだ状態で復縁をしておけば、次の関係では長続きさせることができるでしょう。