復縁方法・マニュアル

冷却期間は短すぎても長すぎてもNGな理由

付き合い始めた当初は、倦怠期が訪れるなんて想像もできないですよね。
しかし、お付き合いが長くなればなるほど、喧嘩をしたり、マンネリに陥ることもあるでしょう。
今回は、冷却期間の定め方について紹介します。

冷却期間に至る原因とは
一般的に、倦怠期を迎える時期は3ヶ月、半年、1年、3?4年といわれています。
3ヶ月頃は、当初のイメージとのギャップを感じ始める時期です。
好みや感覚のずれにストレスや違和感から、相手に不満を持ちやすい時期です。
半年を迎える頃には、その歪みはさらに大きくなります。
この時期に話し合いをもって解決したり、相手の欠点を受け入れたりできれば良いのですが、
経験が乏しく精神面でも未熟である場合、一度関係性を見直すべく冷却期間を置きたいという話に発展するかもしれません。

1年経過すると、喧嘩や仲直りも経験し、安定した付き合いをしていることでしょう。
しかし、徐々に愛情表現も控えめになり、ときめきも乏しくなり、デートや食事の内容もマンネリ化してきます。
3?4年経過すると、なおさら家族のような、空気のような存在になることでしょう。
この時期は、お互いの感情が、単なる情なのか、恋愛感情なのかわからなくなってきます。
気持ちを確かめたいとの思いが冷却期間を置く、という形になって現れるのです。
また、刺激を求め浮気をしてしまうことや、日常のすれ違いが積もりに積もって大きな歪みとなり、些細な喧嘩が別れ話の発端となることもあります。

冷却期間の役割を考える
冷却期間を置くいた結果、自然消滅に至るという危険性もはらんでいます。
相手が「しばらく距離を置きたい」と切り出してきた場合、自然消滅を避けるため必ず期間を設けましょう。
冷却期間に至るということは、お互いに(もしくは一方が)強烈に嫌な気持ちを感じている、という状況です。
いくら話し合って改善点をあげても、なかなかうまくはいかないでしょう。
そのため、嫌悪感を刺激しないように連絡や会うことを控え、心が落ち着くのを待ちましょう。
前向きな話し合いはそれからです。
冷静になるにつれて、嫌だったことが気にならなくなったり、自分自身の行動を省み、相手の話を聞く心の余裕が生まれてきます。
また、一方的に、冷却期間の提案を受けた場合は、その理由をできる限り確認しましょう。
冷却期間中は、自分自身の非を見つめ直し、変化させることに努めましょう。
再び話し合える時期がきたら、改めて努力の方向性が間違っていないか確認し、前向きに関係をすすめていきたいと素直に相談しましょう。

冷却期間は1ヶ月が目安
冷却期間に至った原因や年齢、性格、学生か社会人かにもよりますが、短すぎても長すぎても効果は望めません。
例えば部活動や仕事に忙殺されているカップルの場合、1週間なんてあっという間ですが、
四六時中恋愛脳で、部活も勉強も仕事も手につかないカップルの場合、1週間ですらとても長く辛い時間に感じるでしょう。
男女で必要とする冷却期間は、男性の方が長く女性の方が短い傾向があります。
そのため、男性側の提案であれば長めに設定し、女性側の提案であれば短めに設定するのが良いでしょう。

1ヶ月という期間は1人になった自由を実感するとともに、仕事や勉強、部活などは1クールを終え区切りを迎える頃です。
そのふとした隙間に、相手に思いをめぐらすこと、恋しい気持ちが芽生えることを期待しましょう。

また、自分に非がある場合、自分自身を変える努力を始めるには最低1ヶ月は必要でしょう。
努力の方向性が合っているか確認するためにも、1ヶ月を目処に相手と話し合いを持つことをおすすめします。
万が一、3ヶ月も見当違いの努力をして話し合いに望んだ場合、復縁の可能性は極めて低いです。
そして、一方の浮気が原因であった場合に1ヶ月以上置くと、浮気相手に心変わりしてしまう可能性があります。
1ヶ月の間にできる限り外見を整え、性格を改め、はっと見直してもらえるように自分を磨きたいものです。

いかがでしょうか。
冷却期間は、感情的になった心を落ち着け、冷静に話し合うためのステップです。
より仲が深まるよう役立てばと思います。