復縁方法・マニュアル

元カレと再び仲良くなるには「友達」がグッドチョイス

彼氏の浮気や引越し、転勤などなど、好きで付き合い始めたカップルが別れてしまう原因は非常に多くあります。しかし、どんな形で別れてしまったにせよ、男性側は「楽しかったこと」を記憶し、引きずっているものです。悪癖と言う人も多いところですが、もし復縁したいのであれば、男性のこうした「性質」を活用しない手はありません。

男性が女性に対して「いいな」と思うのは、何かをしていて魅力や楽しさを満喫した時だったりします。もちろん顔やスタイルを見てグッとくるという部分もありますが、いくら精力絶倫な男性でも常にムラムラとしているわけでもありませんし、彼氏彼女の関係であれば基本的にルックスに対して「驚き」はなくなっていますので、「カラダ」や「エッチさ」で惹きつけるのはあまり得策ではありません。もちろん例外もいるにせよ、多くの男性が印象として覚えているのは、一緒に旅行に行ったり遊びに行ったり、あるいは飲みに行ったりした時の楽しい思い出だったりします。

大事なのは、そうしたことは「恋人でなくてもできる」ということです。恋人という関係にこだわらなくても、飲み会や遊びを積み重ねていく中で好印象を積み重ねていく方が、特に草食系男子との復縁には効果的な場合が多いですね。もちろん、「友達」的関係に再びなるとなれば、感情のこじれがない方が容易なのは言うまでもありません。別れ話が出てしまったとしても、常識レベル以上に抵抗して喧嘩にしたりはせず、良い感情と関係を保つようにしておくのが得策です。具体的には別れる際に「これからは友達で」と伝えておいたりしておくといいでしょう。

うまい形に「友達」に戻れたとなれば、別れる前よりもむしろ条件が良くなることは多いですね。きつい部分には踏み込まず、相手との距離を取ったままより良い形を築いていくことも難しくないでしょうし、共通の話題で盛り上がっていくこともできます。もちろんその間に彼氏が別の人と付き合ってしまうこともありますが、具体的な「浮気」に踏み込まない限りはベストな距離を保ち続けられるのが「友達」関係の良いところです。いくら好意を持っている段階でも、実際に手を出さなければ揉めたり排除されたりすることも少なく、コミュニケーションを取れるのは、他の間柄ではない部分ですね。

そして、チャンスが来たなら、「やっぱり諦めきれないし、もう一度やり直してみない?」といった形で切り出して、復縁を求めていくという形になりますが、それまでの間は友達ですので、恋人の時のように距離を詰めたりプライベートな部分に介入したりするのではなく、あくまで元カレ側に「良い思い出、楽しかった記憶」を積み重ねるようにしていくのがベターでしょう。一歩引いた部分から時間をかけて改めて培われた分、その感情や結びつきは強固であり、簡単にまた別れるということにはならないはずです。

家族にせよ恋人にせよ、やはりまずは「人間」として相性が合い、尊敬できることが大事ということですね。