復縁方法・マニュアル

不倫が奥さんバレして別れたのに、復縁を望む男性って?

年齢を重ねるほどに、恋愛にもさまざまなシチュエーションがあります。好きになった男性が既婚者だったということも珍しくありません。

せっかくお付き合いしたにもかかわらず、男性の奥さんや家族にバレて、別れざるを得なくなってしまったひともいるのではないでしょうか。

実は、そうやって過程を優先にしてる別れたにもかかわらず、それでも浮気相手が忘れられず復縁を願う男性はいるものです。これはいったいどんな心理が働いているのでしょうか。

悪者になりたくないという想いがある

そもそも、男性の多くは、「悪者になりたくない」という気持ちを強く持っています。全ての判断基準の中にこの「悪者になりたくない」心理は働いています。

奥さんにはもう気持ちはないのに、浮気相手に完全に乗り換えるわけではないのも、さまざまな事情のほかに「周りから悪く思われたくない」という気持ちが強く影響しています。

その延長で、奥さんにバレて浮気相手と別れたとしても、そこにあるのは、浮気相手を好きかどうかや奥さんを大切にしているかどうかより「悪者になりたくない」「この場を円満に収めたい」という気持ちだけが働いている可能性があるのです。

そうなると、ほとぼりが冷めた頃に、本当に好きな女性のことを思い出すのは必然ともいえます。

不倫相手と復縁した場合に考えるべき事

奥さんにバレたから浮気相手と別れたのは、必ずしも浮気相手よりも奥さんの方が大切だからというわけではないからです。

もちろん、あくまで浮気相手は遊びと割り切っている男性もいます。家庭が何より大切で、気晴らしとして浮気相手がいるというケースもあるでしょう。

けれど一度家族にバレて別れた浮気相手とヨリを戻したいと思うということは、やはり、奥さんでは満たされないものを、浮気相手が満たしてくれるからであると理解していて良いでしょう。

もしこういった男性との復縁を考えているのであれば、まずは冷静に、この先も関係を続けたい相手なのかどうかを考える必要があります。

相手が結婚しているのであれば、男女関係を続けることは法律的に不利であり、大きなトラブルに発展する可能性があります。慰謝料を求められるケースもあるでしょう。

そのリスクを冒したとしても、相手の男性がいざというときに、家族よりも自分を優先してくれるという保証はないのです。

一度は奥さんにバレたことで別れられたなど、自分の身を守り、悪く思われたくない心理が強い男性ならなおさらです。

それでも復縁したいと思うのであれば、良好な関係を維持したり、形勢逆転させるために必要なのは「奥さんで満たされない部分」を徹底的に埋めることです。

まとめ

彼と奥さんとのあいだのことには、自分自身は関与できないと腹をくくる必要があります。

二人の関係性は二人が解決すること。自分にできることは、彼にとって自分が居心地の良い存在でい続けることを努力することしかできないからです。

彼にとって「他の誰よりも自分を理解してもらえる、手放したくない存在」になることができれば、関係も長続きするでしょうし、形勢逆転も夢ではありません。