復縁方法・マニュアル

正月の挨拶は相手にメッセージを送る絶好のチャンス!

別れてしまったけれどまだまだ未練がある人、また別れたという事実に納得はしているし、単に別れた相手は何をしているのかな?

もしもチャンスがあれば復縁したい!と思い続けている場合、何かの時には相手とコンタクトを取りたいと思っているのではないでしょうか。

しかし何かきっかけになることがなければ、なかなか相手にメールを送ることなんてできません。

そんな時チャンスになるのがお正月。お正月といえば、季節の挨拶を交わす時期ですよね。あまり連絡が頻繁でない人もお正月だけは連絡を取るという人もいるほど。

そんなお正月は別れたけれど復縁したい相手にメールを送るべきかどうかということについてご紹介していきます。

お正月は新しい年の出発点。だからこそ挨拶のチャンスになる

お正月になるとみんなワクワクしませんか?前年に別れなどの辛い経験をしたとしても、お正月が来ることによって新しい年が巡ってくると少し気分が引き締まります。

私たちにとってお正月というのは、新しい年の出発点であり、気分も一新して進むことの出来る時なのです。

みんなそんなときをチャンスと年賀状で去年お世話になったお礼と新しい年の出発を願って年賀状を送りますね。

そのためもしも別れた相手との復縁を少しでも考えている場合は、お正月にお年始メールを送るといいのです。

この時期だからこそ別れた相手でも自然にメールを送ることの出来るチャンスです。

別れ方によってはメールを送るべきか悩んでしまう…そんなときには?

ただし、すべての人がお正月だから別れた相手にメールを送るべきだとはいえません。

例えばひどい別れ方をした場合。もしかすると復縁はしたいけれど、まだまだ自分の心が傷心していて立ち直っていないかもしれませんね。

そんな時には無理してお正月メールを送る必要はありません。気持ちの整理がついていない場合は、メールでも文面にそれが現れてしまうので感情的になってしまうこともあるのです。そんなときには、完全なる三が日を過ぎてから1月10日頃を目安に送ると良いでしょう。今年のお正月はどうだった?とか何気ないあいさつ文にするのが鉄則です。

また恋人と別れた時期が年末近くだった場合。まだ別れてからあまり日が経っていないため、メールを送るのも迷いますね。そんなときにも少し日を置いてから挨拶メールを送ると良いでしょう。そうすれば相手の感情的にならずに済むはずです。

お正月はチャンス!でもその時期だけに固執しないで!

ここまで説明してきましたが、お正月が復縁を狙っている相手にメールを送るチャンスの時期になることは間違いありません。

しかし決してお正月だけに固執する必要はありません。
みんなはいろいろな別れ方をしてきているはずですし、別れた時期も関係してくるでしょう。

そのため自分の気持ちがすこし落ち着いた、反省するべきところは反省できた、復縁を前向きに考えることが出来たといったころを目安に、お正月メールを送るといいといえます。