復縁方法・マニュアル

強い気持ちが復縁を叶える!復縁の行動前に必要な心構えと準備

復縁のコツは相手に復縁したいと迫るよりも、相手に復縁したいと思われるような人になることです。そのため、実は勇気が必要ではなかったりします。

必要なものは根気です。相手のことを、自分の恋愛のことをポジティブに考え続けることができる持久力が大事になります。ではその根気はどうすれば得られるのか?ここで考えていきましょう。

重要!まずは共依存の罠にはまっていないか確認しよう!

共依存とは、相手に依存されることに依存することを言います。つまり、相手のために尽くすことによって自分の存在意義を確かめようとする傾向の強い人です。想像がつくと思いますが、このような恋愛傾向がある人は必然的にろくでもない男に捕まります。

復縁前に一度思い返してみましょう。彼からお金を貸して欲しいなど頼られたことがありますか?基本的に男性は好きな女性の前ではカッコつけたがるものなので、恋人に頼るようなことはしません。

相手に同情しやすい女性だから特にありがちなことですが、相手に尽くしているうちに可哀そうが可愛そうに切り替わってしまい、勘違いの恋に落ちてしまうというパターンが往々にしてあります。これは心理学でいう認知的不協和によるものです。もしその彼の、ほかの男にはない、優れた長所がすぐに思い浮かぶというならば大丈夫でしょう。もし彼の良いところがすぐに出てこないというならば、同情の恋に陥っている可能性がありますので、彼との復縁はあなたのためにも避けたほうが良いと言えます。

復縁経験者は20%以下!この数値が意味することとは?

実際に復縁の経験がある人は全体の20%程度と言われています。この数値が高いと思うか、低いと思うかはあなた次第です。

これは復縁の成功率が20%というわけではありません。つまり、復縁する気がなかった人だってたくさんいるということです。では復縁の成功率をあげるためには何が必要でしょうか?それをここで考えていきましょう。

復縁は時間をかけるほどに成功率が上がる!

時間が経つほどに古い記憶が抜け落ちていきます。そのため、過去の記憶は美化されやすい傾向にあります。過去の栄光にすがる人が多いのはこのためです。特に男性の場合は未来志向型であるため、あまり過去を振り返りません。そのうえ、楽観的に物事を考えやすいため、過去については悪い記憶が欠落しやすいものです。

そのため、復縁は時間をかけるほど成功率が高くなる傾向があります。よく復縁したいのであれば、しばらく会わずに冷却期間を設けた方が良いと言われていますが、それは過去のネガティブな記憶が薄れたタイミングを見計らったほうが良いということです。

しばらく冷却期間を置いておいて、お互いわだかまりが消えたときにもう一回会って、そのときには付き合っていた頃のポジティブな話を優先的にする、これによって記憶の改変が起こります。

ベストな頃合いまで気持ちが続かないことの方が多い

つまりはベストなタイミングまで彼とはコンタクトをとらない、それだけです。しかし、これがなかなか待てない人がいるようです。どうしても焦ってしまうようです。冷却期間を置かずに彼に再びコンタクトをとってしまうと、依存回避のために彼のほうが距離をとりがちになってしまいます。

ほかには、冷却期間を置いているうちに彼に対しての気持ちが冷めてしまった、というケースもあるようです。距離をとって冷静に恋愛を振り返ってみたら、彼にはそんなにこだわる価値がないとわかってしまったのかもしれません。もし彼が危険人物ならば、それはそれで正解のひとつなのかもしれません。幸せになることが正解のはずですから。

復縁経験者が全体の2割程度というのにはわけがあるということです。ただ少なくとも冷却期間を置くのは確実に正解のようです。

復縁のために折れない心をつくる!その方法とは?

復縁に必要なものは前述のとおり、勇気ではなく、気長にチャンスを待ち続ける根気です。折れない心をつくるために必要なことは、ネガティブにならない思考の転換と、完璧を求めないことです。

強迫観念に縛られずに希望を持ち続けることが良い結果を得るために必要なことです。ではその発想力はどうすれば養えるのか?その方法について考察していきましょう。

恋人同士ならば別れるほうが当たり前!その裏付けを知っておこう

マイナビの統計によると、3年以内に82%ものカップルが別れてしまうということが明らかになっています。細かい内訳を見ていくと、2年以内に別れるカップルは全体の67.2%、1年以内に別れるカップルは45.7%です。1年で実に半分近くが別れてしまうということです。このことから考えると恋人同士ならば、別れることが当たり前と言えるでしょう。だから失恋したことについて自己嫌悪することは勿体ないと言えます。

別れる原因はマンネリ化が大半だそうです。つまり飽きてしまうということです。この原因はホルモンによるものです。

恋愛初期はPEAと呼ばれる性欲を刺激するホルモンが盛んに分泌されます。そのおかげで恋人がより魅力的に感じるものです。この期間をハネムーン期と言います。しかし、このPEAは本来、子作りのためのホルモンであるため、長期間は分泌されません。子育てに専念するか、求愛失敗とみなして、すぐに別のパートナーを探しに行かなくてはならないからです。

恋人同士の場合も結婚が決まっていない場合が多いでしょう。そのためハネムーン期が過ぎても子供がいない場合がほとんどです。そのため恋人止まりではそのうち別れることになるということです。

ちなみにPEAは会う頻度を下げると維持できることがわかっています。そのため結婚が決まるまでは同棲せずに、デートも少なめにした方が良いのかもしれません。

復縁しなければならない!ではなく復縁してもいいくらいに思っておく

今でも彼に魅力を感じているので、復縁したいと思っているはずです。それならばそれで良いと思います。しかし、彼にこだわるのは構いませんが、彼に執着してはいけません。気持ちとしては、彼と復縁しなければならない、ではなく、彼と復縁しても良いしほかに良い男がいればその人でも良い、くらいが丁度良いでしょう。

彼と復縁できなければ、一生恋愛できないということはあり得ません。だから強迫観念に縛られては勿体ないです。もともと人は依存されることを嫌います。それならば、彼に執着してしまうと、彼は依存されることを回避してあなたを避けようとするでしょう。

復縁に必要なことはあなた自身がレベルアップして変わることです。そのため、レベルの高い異性の友達をつくればあなたの魅力が上がります。おすすめは知的な男友達をつくることです。知的レベルの高い男性と会話を重ねれば、ロジカルトークの力が身に付きます。これはビジネスに圧倒的に有利になるだけでなく、男性からもモテるようにもなります。男性は理屈脳だからです。

彼にこだわるならばそれで良いです。それならば彼を振り向かせるためにもレベルの高い男友達と関わっていきましょう。

少しずつ外見的な魅力に磨きをかけていこう!

男性は若くて健康的な女性に性的な魅力を感じます。そのため、魅力のある外見づくりをすることが恋愛には望ましいことです。それは食事や睡眠を改善するだけでも確実に良く変わっていくものです。

たとえばバストやヒップを構成している成分はオメガ3脂肪酸ですので、それが豊富に含まれている魚介類やナッツなどを普段の食事に取り入れると良いでしょう。女性ホルモンの代替の役割を担うイソフラボン豊富な大豆を摂れば、動きや表情に艶が出てきて魅力的になります。もやしの状態のときが、栄養価が最も高いので、大豆もやしを食べることがおすすめです。

そして寝る前にトマト酢を飲めば、成長ホルモンの分泌量が1.8倍に増えるため、美肌・美髪に加え、代謝も上がり、ダイエット効果もあります。普段の生活習慣を少しずつ変えて無理せず魅力を身にまとっていきましょう。

1つの長所がすべての魅力を底上げする!自分の個性を磨こう!

すべてに秀でていたり、すべてに自信を持っている人はいません。しかし、すべてが魅力的に見えてしまう人はたくさんいます。それは、ひとつの秀でた長所があると、ほかの部分まで魅力的に見えてしまうという性質が人にはあるからです。

そのため、自分の好きなものをひとつ極めると、あなたは確実に魅力的な人になるということです。復縁の準備に欠かせないことのひとつが自分磨きです。そのため、今のうちに自分の個性を磨きましょう。これはあくまでも自分の好奇心に従った趣味を選ぶべきです。決して彼好みに合わせようとしてはいけません。人の価値観は時間と共に変わっていくものですし、他人を優先して合わせようとしていくと、本来の自分を見失ってしまうからです。

借り物の姿に魅力はありません。しかし、内なる好奇心に従っていれば、どこまでも好きを追求できるため、いくらでも成長できるので、その姿は魅力的です。

まとめ

復縁に必要なものはそんなに大変なものではありません。勇気のある行動も必要ではないですし、辛いことに耐えるための精神力なども必要ではありません。必要なことは向上心を持って取り組み続けることです。そのために正しいポジティブ思考を知っておくことが重要と言えます。

結局は復縁に必要なものは相手にやり直したいと思われる人に成長することなので、それならば万に通じるものです。つまり自分を成長させる生活習慣を身につけることが大事ということです。

ひとまずは彼のことは頭の片隅に置いておいて、自分を変えることに専念しましょう。彼を見据えながら行っていれば良い向上心を駆り立てられるかもしれません。理想の自分を目指して前向きに取り組んでみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。