復縁方法・マニュアル

プライドが高い元彼との復縁!効果的なアプローチ術

復縁したい元彼がプライドの高い男性である場合、どんなアプローチが効果的なのでしょうか。こちらから別れを告げた場合なら、なおさら慎重にコミュニケーションをとらなければなりません。振られた時、元彼のプライドは相当傷ついたはずですから。

ケンカなどでつい感情的になって衝動的に別れを切り出してしまった場合には、間を開けずすぐに素直に謝罪しましょう。言い訳を並べるのは厳禁です。自分をよく見せようと中途半端に格好をつけると、余計に二人の間の溝が深まってしまうだけです。時々、「謝ったら負け」と言わんばかりの態度をとる女性がいますが、復縁したいのであれば「素直に謝った方が勝ち」なのです。

謝る際には、「大好きだからつい感情的になって心にもないことを言ってしまったの」と、必ず愛情を示しましょう。結局、プライドが高い男性に対しては「好きだから〜」という理由を説明するのが一番効くのです。

別れてから1か月以上経過している場合には、逆に半年くらいの冷却期間を設けましょう。数か月経ってから「やっぱり復縁しよう」というと、気持ちがコロコロ変わる不安定な女性だなと思われてしまいます。復縁した後も、しばらく経ったら「やっぱり別れる」と言うのではないかと不安にさせてしまうでしょう。ちょっと辛いですが、半年間一切連絡を取らないようにしてください。

さらに、可能であれば共通の知人やSNSからもあなたの情報が一切元彼のもとに入らないようにするのが良いです。元彼から見て、あなたが生きているのか死んでいるのかわからない状態になることで、元彼の中のあなたに対するネガティブな印象がだんだん薄くなってきます。元彼の中で、あなたとの楽しかった思い出が優勢になったタイミングが攻め時です。

半年以上の冷却期間を設け、一切の気配を消すことに成功したら、今度は節目のイベント(クリスマスや正月、元彼の誕生日など)に「お久しぶりです。元気ですか?」と軽めのメッセージを送りましょう。ここで、重苦しい内容を長々と送るのはご法度です。

もし久しぶりに会えることになったら、思いっきり外見を磨いていきましょう。プライドが高い男性は、見た目が華やかで美しい女性を連れて歩きたいと考えています。いくら交際期間が長くて気心が知れた仲だったとしても、リラックスしすぎた外見で会いに行ってはいけません。具体的には、「取引先の大事な目上の人」に会いに行く感覚で外見を最大限に美しく着飾っていきましょう。

このような見た目重視な考え方に眉をひそめる人もいますが、見た目を整えるのは相手への誠意でもあります。プライドの高い彼ならなおさら、自分のために着飾ってきてくれた女性からは自分へのリスペクトと愛情を感じとることでしょう。

正直なところ、男性にとっては“恋愛=外見”と言っても過言ではありません。ロマンチックじゃない、とガッカリされるかもしれませんがこれが古今東西の現実なのです。ですから、交際していた時よりも美しく、ハイレベルな女性になって会いに行きましょう。