復縁方法・マニュアル

冷却期間不要で、即相手と復縁できる条件とは?

親密に付き合っていたけれども、何かしらの理由で別れてしまったが、時を置いて復縁できたという話は良く耳にします。しかし、特に大人の場合ですと、別れてから時間が経つと、その相手に別の彼氏や彼女ができたり、あるいは転勤や結婚といったビッグイベントが挟まってしまう場合があるので、できるだけ早期に復縁したいというのも、ごもっともな話でしょう。

もちろん、頭が冷えて冷静に判断ができるまで時間を置くのが最善だったりもするのですが、いくつかの条件が整えば、時間を置かずに即復縁ということが有り得ます。特に仕事や部活などで常に「結果」を求めてきた男性に関して言えば、心のぶつかり合いをどうするかというよりも、衝突するきっかけとなった「原因」を取り除いているかどうかが大切になってきますので、「条件」を当てはめていけば復縁は難しいことではありません。

まず、男女間でとかくトラブルになりやすい「異性関係」ですが、もし根も葉もないのに別れ話にまで行ってしまったのなら、すぐに彼(あるいは彼女)の見ている前でお別れメールを送るなどして、相手の不信感を解きほぐし、安心感を与えるのが一番です。仮に何らかの深い関係にあったとしても、理屈的に「結果」を求める相手であればあるほど、分かりやすく「別れた」という事実と、今後は決して裏切らないという「期待度の大きさ」があれば、すぐに復縁に持っていくことも不可能ではありません。

また、異性問題とは別のところ、一見何の理由もないいがみ合いで別れたということがあっても、その背景には色々な不満が積み重なっていることがほとんどです。むしろ、そうやって不満を溜め込み、あるいは小さい喧嘩を繰り返していたからこそ、別れるというところにまで発展したということを考えると、やはり分かりやすく「原因」を除去することが即復縁の可能性を上げると言ってもいいでしょう。具体的には、クールな男性ほど内心では恋人の浪費や自堕落な態度を嫌う傾向がありますので、もちろんあまりに自分を抑えるのは良くないにしても、今まで打ち込んでいた趣味をやめたり、禁酒禁煙を始めたりすることで、明確に「覚悟」を示し、相手の態度を一変させることが可能になってきます。

さらに言えば、それほど深刻な理由がない状態で、何故かスッパリと別れを告げられたといった場合は、親や家庭の事情が絡んでいることも少なくありません。もちろん、「家柄」など持ち出されてもどうしようもありませんが、相手を問い詰めることなく、彼や彼女の親との同居も大丈夫という意思表示、あるいは「能力」を見せることで、状況が良い方向に変わる可能性はかなり高いと言えるでしょう。このような形で「理由」を取り除いていけば即復縁が狙えるケースも少なからずあります。ただ、「感情」というものはどうしても関わってきますから、あまり性急に事を進めると、またちょっとしたことで喧嘩が蒸し返される可能性がある点には注意が必要です。