復縁方法・マニュアル

復縁した二人が再度破局するのはなぜ?どんなことに気を付けるといい?

世の中には復縁をしたカップルがたくさんいます。そのことからもわかるとおり、元恋人とよりを戻すこと自体は難しいことではありません。そのためよりを戻すことを目指している人たちも、自分がまた元恋人と付き合えるということに疑いはないでしょう。

しかしよりを戻したあとに、再度破局してしまうことを恐れている人もいるのではないでしょう。確かによりを戻したあとに破局してしまう恋人同士はいますが、なぜ破局となってしまうのでしょうか。

今回は復縁カップルが破局する理由、そして破局してしまわないための注意点をまとめてみました。

復縁後に再度破局してしまうカップルは少なくない

せっかくよりを戻したのにまた破局してしまうというカップルは、実は少なくありません。よりを戻したあとは、「また別れてしまうのではないか…」と不安になる人も少なくないでしょう。

復縁後にどのくらいの恋人同士が破局しているかというと、正確に数値で表すことはできませんが、復縁した後に破局してまた復縁を目指すという人も多いことからすると、割と高い確率でよりを戻したあとにまた別れている人がいるようです。

しかしこれはあなたが元恋人とよりを戻したあとに、別れてしまう確率が高いということではありません。再破局してしまう2人には、ある一定の共通点があります。ですから、それを知っておけば、どうすれば別れることなく仲良くつきあっていけるかがわかるでしょう。

復縁したのに再度破局する理由とは?

ではなぜよりを戻したカップルは再度破局することがあるのでしょうか。前述のとおり、また別れてしまう2人には、共通点があります。

その共通点について、ここでは3つの項目にまとめてみました。今復縁を目指している人も、すでに復縁がかなっておつきあい中だという人も、なぜ復縁した人たちが破局してしまうのかを知っていればきっと回避できるはずです。

自分がこれにあてはまらないかどうかも、一緒に考えてみてください。

前回と同じ過ちを繰り返してしまう

よりを戻した人たちにありがちなのが、前回別れた理由となったことをまた繰り返してしまうということです。その中には、そもそも前回なぜ別れたのかを理解していなかったという人もいるでしょうし、わかっていて反省したにも関わらず、忘れてしまったという人もいます。

前回別れの理由になった出来事は、今回も別れの理由になりやすいのです。特にお互い別に何も変わったわけではないのに、なんとなくよりが戻ってしまったという場合はこの状況に陥りやすいでしょう。

変わっていなければ、同じことが起こりやすいからです。

なんどもくっついたり離れたりしている2人は、これに当たる場合が多いでしょう。それでも何度も戻ることがあるのは、他に相手がいないか、「好きだ」という気持ちは本物なのにきちんと乗り越えるべき問題がわかっていないのかもしれません。

復縁したことに慣れて感謝を忘れる

よりが戻るまでは、とてもつらい日々を過ごします。

そのつらい日々の中、いろいろなことに反省し、自分の行いを正したいと思うようになるでしょう。自分磨きをしてみたり、何がわるかったのか分析してみたり、次にまたお相手と付き合えることになったら、もっとこうしようああしよう・・・と考えるのではないでしょうか。

しかし復縁したことに慣れてしまうとどうでしょう。もちろん、別れていた時期に反省した内容についてきちんと意識できる人もいます。しかしお付き合いできるようになったことに慣れてしまって、そんな気持ちを忘れてしまう人も少なくないのが事実です。

よりが戻ったというのは、とても素晴らしいことです。ありがたいことのはずなのです。しかしその状態に慣れてしまうと、人は感謝することを忘れがちです。

そして別れていたころに反省したことや、決めたことを忘れてしまい、結果としてまた別れるという結果になってしまうわけです。

そもそも復縁するための準備ができていなかった

復縁自体は、そんなに難しいことではありません。ですから何かの拍子によりが戻ってしまうことだってあります。

一見喜ばしいことに感じるでしょう。しかし、別れた時の問題について何の解決もできていないのによりが戻ってしまったらどうでしょうか。

もしくは、心の準備ができていないのに寂しさからよりを戻してしまっていたとしたら、どうでしょう。

別れるということには原因と意味があります。そのため、また付き合うための準備ができていないにも関わらずよりを戻してしまうと、あまりいい結果にならないこともあるのです。

意外と復縁の準備ができていたのかそうではないのかということも、その後別れるかどうかに大きく影響しています。

復縁後の再破局を防ぐために気をつけることとは?

元恋人とよりが戻ってその後幸せにおつきあいを続けるためには、前項でご紹介した再破局の理由を意識しなければなりません。そうできなければ、またお別れという結果を招いてしまうことでしょう。

逆にしっかり意識することができていれば、その後も末長く仲良くしていけるはずです。

よりが戻ったあとも仲良く付き合っていくためには、どんなことに気をつければ良いのかをご説明していくので、これを参考にして幸せなお付き合いができるようにしておきましょう。

復縁前に二人が別れた理由について考えておく

すでによりが戻ったという人には対象外になってしまいますが、元恋人とまたお付き合いを始める前に、なぜ2人が別れることになったのか、その理由について考えてみましょう。

何が問題だったのか、二人のどういうところが影響してしまったのか、しっかりと考えてみてください。

まずはこれをはっきりさせることで、また次に同じ人と付き合ったときに、同じような問題で別れることにならなくてすむでしょう。

ここで何が問題だったのか考え、自分ができる限りの対処や自分磨きをすることで、よりが戻ったあとの生活が一変します。また付き合っている間も、気持ちだけに任せて行動せず、しっかり考えた行動ができるようになるでしょう。

もしもすでによりが戻っているという場合でも、以前お別れしたときのことを思い出して、参考にすることはできるはずです。

自分磨きは復縁後もしっかり継続しよう

なぜ別れてしまったのか、その理由がわかっていて、それに基づいた自分磨きをしていたとしても、よりが戻ったことでそれを忘れてしまったら意味がありません。確かにがんばって自分磨きをしたことで、元恋人をまた引き寄せられたために、よりを戻すことができたのでしょう。

しかしよりが戻ったことで安心して、自分磨きのことをきれいさっぱり忘れてしまっては意味がないのです。そうなると、今までの習慣の方が勝ってしまって、また元のあなたに戻るなんてこともあるでしょう。

自分磨きはたしかに効果がありますが、しっかり継続するということも重要です。自分磨きは自分の幸せのためにするのであって、元恋人とよりを戻すためにしているわけではないのです。

その点を考えると、自分磨きはよりが戻ったからといってやめるものではなく、継続して取り組むものだということがわかるでしょう。

自分磨きをしていれば、どんどん魅力的なあなたになっていけますし、何より自分が楽に生きられるようになります。面倒くさがらずに、続けていきましょう。

何に対しても感謝の気持ちを習慣づけること

感謝の気持ちは素晴らしい気持ちです。元恋人とまた仲良く付き合えるようになったことに対して、感謝の気持ちを持つことは基本的なことですが、そのほかのことにも感謝の気持ちを持つ習慣をつけてみましょう。

毎日食べられるごはん、一緒にいてくれる家族や友達、人生を豊かにしてくれる学校や仕事、あなたにいろいろなことをさせてくれるお金・・・など、日常のなんでもないことにも、感謝すべきことはありふれています。

そうしたことに感謝をすることを習慣づけていると、自然と恋人に対してもそういう態度になれるでしょう。それがあなたと恋人との関係をより良いものにしてくれます。

そういう気持ちを持っていれば、少なくとも大きな喧嘩になったり、ひどい揉め事が起きたりはしないのです。

今まだよりが戻っていないという人も、すでに戻ったという人も、この点に気をつけてみてください。何かが変わるでしょう。

まとめ

せっかくまた仲良くすることができるようになったのに、またお別れというつらい経験を体験することになってしまっては元も子もありません。ですからできるだけ早めに対処をしておくことで、復縁後の生活を明るいものにすることができるでしょう。

ポイントは、何が別れの原因だったのか、そして感謝の気持ちです。それさえおさえておくことができれば、きっと末長く仲良く付き合っていくことができるようになるでしょう。

これは何も復縁した後のことだけではなく、復縁する前からも気をつけて生活ができますよね。これらのことに気をつけて元恋人とのコミュニケーションをすることで、元恋人とよりを戻すチャンスが一層増えるようになるのです。