復縁方法・マニュアル

小悪魔な作戦が復縁のカギ!元彼と復縁するための準備

別れたくないけれど別れを選択しなければいけなかった場合、やはり考えてしまうのは復縁のこと。

彼のことが好きすぎるあまり真っ向から復縁を迫っては逆効果の場合も多いです。そんなときは、ちょっと小悪魔なテクニックで彼に復縁したいと思わせてみましょう。

元彼もSNSを利用しているなら…

元彼とSNSが繋がっていなくても、現代では簡単に相手が何をしているのかはSNSを通して把握できてしまう時代です。

元彼もSNSを活用しているならチャンス。SNSを頻繁に更新しましょう。内容はできるだけポジティブな内容がおすすめ。

元彼に「俺と別れて寂しくないの?」と思わせることができればこっちのものです。

しかし、いきなり他の男性とのデートを匂わせるような投稿は避けてください。「誰でもいいのでは…」と思われてしまう可能性があります。

SNSは更新しても、元彼と個別の連絡は一切絶ちましょう。

特別な日には連絡してみる

別れてからすぐでは効果が薄れてしまいますが、別れて数か月経ってから元彼の誕生日などの記念日があるならこれもチャンス。

そのときに限り、元彼にバースデーのお祝いの連絡をしてみましょう。できればこのときまで、元彼とは連絡を取らないでおくと、より効果的です。

0時を回った瞬間に連絡をするのではなく、「もうすぐ誕生日が終わってしまう」というタイミングで連絡を取る方が、元彼の印象に残りやすいかもしれません。

いきなり電話だと、元彼もびっくりして出てくれない可能性があるので、LINEやメールがおすすめです。内容も長々と書かずにシンプルにお祝いの言葉を伝えましょう。

「別れていても誕生日を覚えてくれている」と、元彼に思わせることが目的です。

別れてからすぐには会わない

別れてすぐはお互いにまだ感情的になってしまっているので、連絡を取ることはもちろん、会うことも控えたいもの。

もし、元彼から別れてすぐの「会いたい」という連絡が来ても、簡単に会わない方がおすすめです。

効果的なのは、別れて数か月してから偶然を装って会うこと。元彼のSNSをチェックしたり、友人に協力をしてもらって元彼の行動範囲が分かるとベストです。

男性からすれば、元カノに会うことはやはり特別な思い出が蘇るもの。また、久しぶりに会った元カノの姿がとても生き生きとしていると、「別れてもったいないことをした」と元彼に思わせることもできます。

いつ偶然再会してもいいように、毎日心も外見も自分磨きをしっかりしたいものですね。

まとめ

一度はお互い特別な感情を抱いた以上、元彼にとっても元カノは特別な存在であることに違いありません。どうしても復縁したいと思っていても、まずは焦らないことがポイント。

じっくり作戦的に時間をかけて、もう一度元彼の気持ちを取り戻すことがおすすめです。

思い出は美化されるものなので、元彼が寂しいと感じているときに、ここぞとばかりに小悪魔的にそばに寄り添ってみましょう。