復縁方法・マニュアル

復縁したい!相手の気持ちはどのようにわかる?

何らかのきっかけで別れてしまったけれど、少し離れてみると付き合っていた相手のことがやっぱり忘れられないということはよくあることです。そんな時にみんな考えることは、やっぱりよりを戻すことはできないの?復縁をすることはできないの?ということ。
しかしその気持ちだけで相手に復縁を迫る告白をした時、もしも断られたらショックだし、精神的に立ち直ることが出来ないかもしれません。そんな時復縁できる可能性があるのかないのか?ちょっと探ることが出来ると良いですよね。
そんな復縁したいと思っている相手の気持ちを知るための方法をここでご紹介します。

・共通の友人を経由して相手の気持ちを知ることが出来る
もしも付き合っていたけれど別れてしまった相手との共通の友人がいた場合、その友人を通して相手の気持ちを知ることが出来ます。
例えば別れてしまった後は、精神的に落ち込んでしまい友人の誘いにも乗らなかったとか、別れて時間が経ったのに、まだ自分一人の過ごし方がわからず混乱しているようだなど。
どんな情報でも友人から得られるものは参考にすることが出来ます。そしてその情報をまとめて分析することで、別れた相手が自分のことをどのように考えているかどうかを知ることが出来ます。

・別れた後も連絡を取り合っていたら、その連絡から相手の気持ちを知ることが出来る
喧嘩別れしてしまって相手の顔も見たくないという場合は、なかなか連絡を取ることは難しいかもしれません。しかしながら、お互いに納得して別れた場合には、関係は決して悪くはなく、距離を置いたという感覚になるので、別れた後も連絡を取り合うことも少なくありません。
そんなとき、相手との連絡を通じて、相手に復縁の気持ちがあるかどうかを知ることが出来ます。復縁をするということは別れる前の関係に戻るということ。そのままの状態で戻ってしまった場合は、やはりまた不満が出てしまうことが少なくありません。そのため復縁をする時には、多少渋る気持ちがあるのではないでしょうか。
例えばこんなところを直して欲しいなあとか、こういうことはやめてほしいなあということがあった場合。それを連絡を取る時に読み取りつつ、少しずつ相手に歩み寄っていけば復縁だって可能性が十分にあるといえます。
特に友人などを経過するのではなく、直接自分が相手と連絡を取り合って気持ちを知ることが出来たら、頑張って直そう!を思いますよね。

復縁をしたいと思った時には、上記のように共通の友人を通じて相手の気持ちを知る方法。または別れた後も直接相手と連絡を取り合って気持ちを知る方法の二つがあります。どちらにしても相手の気持ちを知るという場合、気持ちの変化があることはよく知っておかなければいけません。別れた直後は、相手に拒否的な気持ちを持っていたとしても、時間が経つにつれて、その気持ちが緩んでいくこともあります。そのため別れた後一回の情報で復縁の可能性があるかないかを判断をするのではなく、総合的に判断することが重要です。