復縁方法・マニュアル

都合のいい女は嫌!なぜ元カレは急に連絡してくるの?

それまで音沙汰のなかった元彼が、急に連絡をよこしてきたら驚くのも無理はありません。

元カノという存在は、元カレからすれば単なる都合のいい女なのでしょうか?元カレの本音を考えてみましょう。

やっぱり好きだと気づいたから

別れてからようやく「自分には元カノしかいなかったんだ!」と気づいたのかもしれません。ケンカの時はお互い感情的になってしまうので、「別れて大丈夫?後悔しない?」なんて自問自答するのはとても難しいことです。

しかし、時間さえ経てばいつもの自分に戻り、冷静に二人のことを考えられるようになります。その結果、別れは間違いだったとあっさり気づく男性も実に多いのです。

急に連絡が来たのは、それをどう伝えてわかってもらうか迷っていたからではないでしょうか。

気まぐれに連絡をしたと思われると思いはちゃんと伝わりません。本気で復縁を成功させたいからこそ、時間をかけてどうアプローチするか考えてからやっと連絡ができたんです。都合のいい女だなんて思わせて傷つけたくもありません。

また、自分からの連絡を待ってくれているか、共通の友達に聞いたりしてイケるという確信もほしかったはずです。そんなことを考えた後、気持ちに勢いがついたおかげで連絡ができたのでしょう。

フリーは寂しいし暇だから

フリーは思った以上に寂しいもので、彼女がいないと休日も帰宅後の時間も暇になってしまいます。

元カレは、なかなかひとりの時間に慣れることができないで苦労しているのではないでしょうか。趣味があったり、他の女性に気持ちが向いているなら元カノに構っている暇もありません。でも、元カレには寂しさや暇を埋めてくれるものがないんです。

だからって別の人ではなく元カノに連絡をしようと思うのはどうしてなのでしょうか。
それは、相手の生活パターンがわかっているため、確実に連絡が取れる曜日や時間帯を知っているからです。連絡をしても、繋がらなかったり既読スルーをされてしまうと余計に寂しくなってしまい、暇な時間だって埋められません。

しかし、電話に出てもらえたりメールが返ってくれば寂しさも暇も解消できます。それが期待できる相手だったというだけのことです。

新しい恋ができそうにないから

新しい恋をしようと軽く考えていた元カレも、別れてからそれが意外と簡単なことではないときっと気づいたのでしょう。

うまくいかないとわかった時、身も心も女性を強く求め始め、それに耐えられなくなってきます。そして、手っ取り早く元カノに連絡を取り、復縁することを考えてしまいます。

連絡ができるのは、元カノが自分に未練があると確信していたからに違いありません。

新しい彼氏もいなく、連絡をすれば喜んでもらえそうだからこそ気軽に連絡することができます。自分を受け入れてくれる相手なら傷つけられることもありませんし、必要なくなったらまた離れればいいなんて都合よく考えることができるからです。