復縁方法・マニュアル

絶好のチャンス、冷却期間でも記念日には連絡しよう

カップルの時は記念日も当然二人でお祝いしていたはず。相手に喜んで欲しいなと思って、何らかのプレゼントやサプライズを用意することが多いでしょう。しかし二人の距離がすこし遠のいて、冷却期間を設けている場合、お互いの記念日には連絡を取るべきなのでしょうか。
その答えはイエスです。特にもしも復縁を視野に入れているならば当然冷却期間の記念日には連絡を取っておくべきでしょう。それが復縁のチャンスにつながるからです。
そこで冷却期間の記念日の連絡の取り方のヒントをご紹介します。

・冷却期間の記念日の連絡は、まずは誕生日程度に狙いを定める
記念日というのはいろいろなものがあります。例えば時期的な記念日もありますね。また二人だけで作った記念日もあるでしょう。しかしそれらの記念日にはあまり注目せず、冷却期間であれば誕生日程度に狙いを定めて連絡を取るべきでしょう。
お互いに距離を置きたくて冷却期間を設けているのに、記念日だからといって連絡し過ぎると、相手にとっても迷惑です。そのためここぞという時に連絡をするのです。冷却期間というのはお互いに距離を置いているので、誕生日も忘れがちになります。しかしその誕生日をしっかり覚えておいて連絡を取るというのは、相手を機にかけているということを意味します。気にはかけているけれど、適度な距離を保っておいてくれると、相手にとっては嬉しいもの。そこで好印象を抱かれると復縁に向かっても一歩前進することができるのですね。

・記念日にどのように連絡するといいのか
冷却期間が長ければ長いほど、連絡というのは取りづらくなります。そんな時どのように記念日に連絡を取るといいのでしょう。まずおすすめはメールを利用することです。メールで相手におめでとうメールを送ります。もしもすぐに返事が来たり、その返事の内容が好印象だったら、電話をしてもいいか聞いてから直接電話をすると良いですね。
もしもメールを送った時にすぐに返事が来ないという時には、相手が忙しい、もしくは相手が出方をうかがっているということになります。そのためすぐには電話をしない方がいいですね。
記念日の連絡をする方法は、基本はメールを送ってみる、そして相手の反応によって電話をしてみるというのがベストです。

・何を話すといいのか
冷却期間の連絡というのはどのようなことを話したらいいのでしょう。まずは記念日のお祝いの言葉、その次は、最近どうしている?といった近況を知るための会話をするのがいいでしょう。
お互いに冷却期間ではあるけれど、一度は付き合っていた二人なので、近況は気になるはずです。そこでどんな風に過ごしているのか、また元気なのかということがわかれば安心です。そのため近況報告をすることも大切でしょう。
また近況報告が終わればあっさり電話を切ることも大切です。相手がもう終わり?と思うくらいの余韻で電話を切ると、あとで気にしてくれるでしょう。
冷却期間の連絡は、誕生日にメールか電話で、そしてあっさりと終わることが基本です。