復縁方法・マニュアル

喧嘩別れはしたけれど、仲の良い友達関係に戻りたい!

付き合っていると、お互いに嫌なところが見えてしまったり、相手の癖がいつまでもなおらず、それが嫌で喧嘩することもあるでしょう。また大好きな彼には自分の考えに同調してほしかったのに、逆に批判されたりして意見の食い違いから喧嘩をすることもあるのではないでしょうか。喧嘩もエスカレートしてしまったら、喧嘩別れになってしまうこともあります。しかし喧嘩別れはしたけれど、あとで冷静になってみたら、反省することもあるはず。そして喧嘩別れしたことを後悔することもあるでしょう。もしも別れたことは後悔していないけれど、仲の良い友達関係に戻りたいと思う人もいるはず。
そんな時、どのように仲の良い友達関係に戻ることが出来るのでしょうか。ここではそのヒントをご紹介します。

・まずは素直にごめんねメールを送ろう
喧嘩別れしたすぐあとは、お互いに熱が冷めていないため友達に戻りたいなんて気持ちは起こらないかもしれません。しかし少し時間が経ち冷静になってみると、相手の気持ちを冷静に考えることが出来るので、自分の悪かったところも少し見えてくるはずです。
そう思った時には、元カレに素直にごめんねメールを送るようにしましょう。自分のこういうところが悪かった、というところもきちんと書き添えましょう。素直にごめんねと書くことによって、元カレも受け入れてくれる可能性が高くなります。

・共通の友人に仲を取り持ってもらおう
ごめんねメールを送って彼の閉ざした気持ちを緩めることが出来たら、今度は共通の友人にそれとなく仲を取り持ってもらうようにお願いしましょう。例えばちょっと待ち合わせの時に偶然を装って出会う瞬間を作る。そして直接謝る場を設けてもらうのです。
彼の気持ちが閉ざすことなく、もっと緩んでいた場合、一緒に食事をしたりする場を設けてもらうのもいいかもしれません。
メールで謝る、そして直接謝るという場を設けることによって、喧嘩別れした気持ちを柔和させることが出来るようになるのです。

・お礼メール、近況報告メールなどで距離を縮めていこう
喧嘩別れした時のことを謝ったからといってすぐに友達関係に戻れるわけではありません。そのため決して焦らないようにしましょう。
まずは会えたことのお礼メール。その後はときどき近況報告メールなどをして、相手の出方を見る必要があります。相手がもう怒っていないなということがわかって、更にメールに返事が来るようになってきたら、少しずつ距離が縮まってきた証拠です。
あくまでさり気なく、そして返事をあまり求めることのないような文面でメールを送ることが大切です。

・何でも話せる友達だということを強調しよう
メールのやり取りがスムーズになってきたら、友達関係に戻るチャンスです。元カレだから何でも話せるということを強調しつつ、仲直りできたかな?友達としてご飯に行かない?など、時々誘ってみましょう。もしも彼が忙しい…などの理由で断ってきたら、決して焦らず待ちましょう。メールでのやりとりを続けるだけでも十分仲直りは出来るのですから。相手の気持ちに決して踏み込み過ぎず少しずつ歩み寄っていくことが大切です。