復縁方法・マニュアル

社内恋愛での復縁を成功させるためのベストな方法

社内恋愛は毎日恋人に会える楽しみがある一方で何かと面倒も多いものです。
その面倒さは一度別れてしまうと尚更です。別れて辛いのに毎日顔を合わせないといけないのは苦痛となるでしょう。
しかし復縁のことを考えると社内恋愛にはメリットもあります。
社内恋愛の時の復縁の仕方についてまとめてみました。

■社内恋愛での冷却期間の過ごし方
社内恋愛ですと相手と距離を取るといっても簡単にはいきません。
社外であれば顔を合わすこともそうありませんし、連絡さえとらないようにすれば冷却期間は取りやすくなります。
だからこそ、社内恋愛での冷却期間は心理的に距離を取ることを意識しましょう。
それは仕事とプライベートをきっちりと分けることです。
別れて気まずい相手だからと言って仕事に支障を与えているようでは社会人の恋愛とは言えませんし、今後の復縁も望みにくくなります。
社内恋愛の良いところは仕事の話題という言い訳があるのでプライベート以外での繋がりは維持できるところです。
だからこそ、あえて仕事上の接触は断たないようにして、その代わりに一切プライベートについては触れないという線を引きましょう。
そうすることで相手からしても、別れたことで今までのようにはいかないということが実感できます。
我慢が必要にはなりますが、ここで気まずさのあまりに仕事ですら話さなくなると復縁のきっかけが掴みにくくなってしまいます。

■社内恋愛で復縁しやすいきっかけ
社内恋愛は復縁のきっかけがいくらでも落ちています。チャンスがありすぎて冷却期間の時は辛くなってしまうくらいです。
きっかけの一つとしては残業時はオススメです。あえて自分の相手の残業に合わせてみることできっかけは掴みやすくなります。
もちろん忙しくて会社に残っているわけですが、周囲の人も少なくなっていますし残業特有の空気感も手伝っていつもよりはフランクに話しかけやすい雰囲気になるでしょう。
「お疲れ様」と声をかけるだけでも気持ちは伝わるものです。集中力はそんなに続くものでもありませんので、ちょっと休憩がてらにおしゃべりをしてみると良いでしょう。
さらに進めるのであれば、その後軽く飲みにいくのもアリです。

■社内恋愛で復縁を実行すべきタイミング
ある程度の冷却期間もおいて、少し前のように話せるようにもなってきたらいよいよ復縁を実行です。
まずは目安として付き合う以前のようなコミュニケーションが取れるようになってきた時が頃合いでしょう。
そのなかでもさらに成功率を上げるタイミングとしてはやはり仕事が一段落ついた時です。
何か大きな仕事がある時は、きっちり仕事とプライベートで頭を切り替えるのは難しいです。そこに復縁という大きなテーマが圧し掛かってきては冷静な判断ができない可能性があります。
復縁したことで仕事が頑張れるという考え方もありますが、落ち着いて恋をやり直すためには、仕事の負担が少ない時の方が無難です。解放感もあるので気持ちも前向きになりやすいです。
社内恋愛ですと相手の仕事の状況もわかりやすいので、そのタイミングの見極めも難しくはないでしょう。逆に言えば、忙しいとわかっているのに復縁を持ちかけると、空気の読めない人間だと思われかねません。