復縁方法・マニュアル

復縁したい相手が音信不通のとき、メールの例文

別れてしまった相手ともう一度やり直したいと思ったけれど、音信不通になってしまっている場合どんな方法で気持ちを伝えればいいのでしょうか。
家や職場に行って直接伝える事も可能ですが、相手の気持ちがわからない状態でいきなり会いに行ったら驚かせてしまうかもしれないし、もしかしたらストーカーのように思われて引かれてしまうかもしれません。
そう考えるとまずはメールで相手の現在を探り、その結果を見て気持ちを伝えるのも良い方法です。
交際していた時に共通の友人ができていれば、その人に連絡をとりメールアドレスが変わっていないか、現在の様子なども聞いてみるというのも手です。
その際に現在元恋人に交際相手がいるかどうかも聞いてみて、フリーならメールしやすくなります。
メールの内容ですが、やはり相手の気持ちがまったくわからないならいきなり復縁を迫るのは考えものです。
最初は「久しぶり。元気だった?」くらいで様子を見て相手の返信がどのくらいでくるか、返信がきたら迷惑そうじゃないか判断します。
しばらく待っても返信がこなかったり、共通の友人を通してその気がなさそうなどの情報が入ったら、それ以上は後追いしないほうが賢明です。
それでも諦められなかったら、しばらく間をおいて再チャレンジしましょう。
相手の返信がフレンドリーな雰囲気なら、その後もメールのやり取りをして距離を近づけていきます。
例えば、「付き合っていたときに〇〇に一緒に行ったのが楽しかった。」
「あの時に〇〇と言われたことがとちも嬉しかった。」
などなるべく明るい調子で交際していたときのエピソードもネガティブな出来事は控え、楽しかった事だけを伝えましょう。
直接話すのとは違い、メールでの短い文章だと思っていた通りに相手に伝わるかどうかわからず、内容によっては恨みがましく読み取られてしまうこともあるかもしれないからです。
なるべく明るい調子で話題で相手も引き寄せてやり取りが順調になってきたら、徐々に気持ちを伝えていけば良いでしょう。
「あなたと別れてから誰も好きになれなかった。」
「あなたのことが本当に好きだったって別れて初めて気がついた」
など素直な気持ちを伝えてみます。
そのメールに対しての相手の返信次第でもっと進むか、そこで一息ついてもうしばらく元交際相手の友達としての状態を続けるか見極めます。
相手の気持ちも復縁へ傾いているのが文面で読み取れれば、更に踏み込んで「あの時はごめんなさい。あれからすごく反省してもう一度やり直せたらと思った。」
「もう一度付き合えたらすごく嬉しい。」
などどんどん押してみましょう。
相手が迷いを見せながらも復縁に気持ちが動いているのを感じたら後は、直接会って気持ちを伝えるのが一番です。
「もし少しでもまた付き合ってもいいと想ってくれるなら会ってくれる?」「メールだと気持ちがうまく言葉に出来ないから直接会って話したいな。」などと伝えて約束を取り付けましょう。