復縁方法・マニュアル

失恋を経て成長することが立ち直るカギ!成長する人の特徴と秘訣

過去の失恋からなかなか立ち直ることができずに心の痛みを抱え続けている…そんな人は少なくないのでは?

たしかに失恋は、場合によっては人生を変えてしまうほどにつらい経験のひとつです。自分自身のすべてを否定されたかのような絶望的な気持ちになってしまうのも無理はありません。

とはいえ、それでも人生は続きます。もしかするとこの失恋は、いつかあなたが手にする大きな幸せのために必要な経験だったのかもしれません。このつらく苦しい経験を人生の糧としてキッパリ立ち直ることができるかどうかによって、将来あなたが手にする幸せの大きさはグッと変わってくることでしょう。

今回は、失恋の痛みを抱えたあなたのために、“失恋を経て成長することができる人の特徴と秘訣”をお届けします。いつかあなたが心からの幸せを手にするためのヒントにしてみてくださいね。

自分の欠点や過ち、弱さを認める強さをもっている

失恋を経て成長することができる人に共通する第一の特徴は、“自分の欠点や過ち、弱さを認める強さをもっている”というものです。

自分の欠点や過ち、弱さを認めるには、まずそうした自分のマイナス面に真っ向から向き合わなくてはなりません。これは、大抵の人が無意識に向き合うことを避けている部分ですから、あえて自分から目を向けるには大きな勇気が必要となるでしょう。

ここではそんな“自分の欠点や過ち、弱さ”とじょうずに向き合うためのポイントをご紹介していきましょう。

傷ついた自分を認め、いたわる

「泣き言をいうのは見苦しい」

「悲しみや痛みは胸のうちに秘めるべき」

「常に前向きでいなければならない」

このように思い込んではいませんか?

“顔で笑って心で泣く”ということわざに代表されるように、強がりや忍耐こそが美徳とされる世の中ではありますが、それで本当にあなたの心は癒されることができるのかというと、きっとそうではないはずです。

失恋を経験した今のあなたは傷ついています。それは紛れもない事実です。そして、そのあなたの悲しみや苦しみを誰よりわかってあげられるのは、ほかならぬあなた自身なのです。

たとえ外では強がるとしても、せめてひとりの時間だけはあなた自身の痛みにそっと寄り添ってあげましょう。

「悲しかったね」

「大好きだったもんね、つらいよね」

「苦しいのによく頑張ってるよ、本当にえらいね」

まずは、失恋という苦しい現実に打ちのめされている自分の弱さを認め、いたわること。それこそが今後あなたが経験する成長や幸せすべてのスタートラインとなるのです。

自分の“悪かった点”を振り返る

常に成長し続ける人というものは、自分のもつ欠点や過ちを素直に認め、日々改善するための努力を重ねているものです。あなたが今回の失恋を経て成長し、やがて大きな幸せを手に入れるためには、同様に“自分の悪かった点を振り返る“ことを避けて通ることはできません。

では、今回の失恋で、あなたが振り返るべき“悪かった点”とはいったいなんなのでしょうか。そのヒントは、あなたの後悔の中に隠されています。今回の失恋について、いま一番後悔しているのはどんなことなのかをじっくり考えてみましょう。

「もっと早く告白しておくんだった」

「もっと彼の話をよく聞くべきだった」

「もっとアピールしておけばよかった」

悔やむ気持ちが大きければ大きいほど、それを克服したときの成長も大きなものとなるのです。

相手の立場や気持ちを思いやることができる

失恋を経て成長することができる人に共通する第二の特徴は、“相手の立場や気持ちを思いやることができる”というもの。

自分の気持ちばかりを優先した生活をしていると、自然と普段の思考も自分中心なものになってしまいがち。自分が楽しむためにはどうすればいいか、どうすればもっと得をすることができるのか…そんな考え方を繰り返していくうちに、周囲への思いやりは失われ、どんどん視野は狭まっていってしまうことでしょう。

狭い視野で自分の世界に閉じこもっている限り、失恋というつらい経験を糧として成長することは不可能です。ここでは、広い視野をもち、相手の立場や気持ちを思いやることができる人に見られる具体的な行動を二つご紹介していきます。

相手の決断を尊重する

相手の立場や気持ちを思いやることができる人は、どんなときでも相手の決断を尊重する懐の深さをもっています。

たとえ相手の下した決断が自分にとって受け入れがたいものであったとしても、それが相手の望みであるのならあえて受け入れる強さをもっているのが“相手の立場や気持ちを思いやる人”といえるでしょう。

相手の決断を尊重できるというのは、たとえ自分は悲しい思いをすることになろうとも、相手には自由に好きな道を歩んでほしいと考えることができるということでもあります。依存や執着とは無縁のこのタイプの人は、基本的に柔軟な思考ができるため変化を恐れることがありません。失恋のような苦しい出来事すらも貴重な経験のひとつとして次々に自分の殻を打ち破り、大きく成長していくことができるのです。

相手の幸せを願う

相手の立場や気持ちを思いやることができる人は、自分の気持ちは二の次に相手の幸せを願うことができます。

とはいえ、これは簡単なことではありません。失恋をした状況で相手の幸せを願うというのは、すなわち彼が自分以外の誰かと幸せになることを願うということにほかならないからです。

特に、

“付き合っている彼に「ほかに好きな人ができた」といってフラれた”

“片思いの相手に告白したらすでに彼女がいた”

といったパターンでの失恋だった場合、“自分以外の誰か”の存在が具体的なぶん、彼の幸せを願うハードルも高いものとなってしまうことでしょう。

けれども、ハードルが高いぶん、それを実践できたときに得られるものが大きいというのもまた事実。

失恋した相手の幸せを心から願うことができる人は、自分の利害に関係なく愛や思いやりを与えることができる人ということでもあります。そんなあたたかい心のもち主が、誰の目にもとまらないはずがありません。同じあたたかい心をもったたくさんの人を自然と引き寄せ、ともに成長を重ねながら幸せへの階段を着実にのぼっていくことができるでしょう。

どんなときも未来への希望をもっている

失恋を経て成長することができる人に共通する第三の特徴は、“どんなときも未来への希望をもっている”というものです。

常に成長を続ける人は、どんな逆境にあろうとも決して希望を失うことがありません。たとえ今すぐは無理だとしても、いつかきっと立ち直ることができる、必ず新しい幸せを見つけ出すことができる…そう素直に信じることができるのです。

そんな“どんなときも未来への希望をもっている人”の考え方のなかでも、失恋のような苦しい出来事から大きな成長を果たすための重要な鍵となる考え方をここで二つご紹介していきましょう。

すべては時間が解決してくれると信じる

すべては時間が解決してくれる…これは、“どんなときも未来への希望をもっている人”がみな必ずといっていいほど自然に身につけている考え方です。

失恋のような心をえぐられる苦しい経験をしてしまうと、どこでなにをしていても自然とその悲しみに心が引きずられてしまい、まるで心が麻痺してしまっているかのようにあらゆることを心から楽しむことができなくなってしまうものです。終わらない苦しみのなかで、これから先いいことなんてなにひとつ起こりはしないとすら思い詰めてしまうのも珍しいことではありません。

ところが“どんなときも未来への希望をもっている人”は違います。今感じている痛みは永遠に続くものではないということを本能で理解しているため、どれほどつらい状況でも前を向くことができますし、傷つくことを恐れることがありません。どんなときも現状を悲観しすぎることなく、ただゆったりと自分の感情に向き合うことができるのです。

もっと幸せな恋が訪れることを信じる

次にお伝えする“どんなときも未来への希望をもっている人”が自然に身につけている考え方は、“もっと幸せな恋が訪れることを信じる”というものです。

「大丈夫!あなたならもっといい人が見つかるから」

失恋したあと、身近な人たちにそんな風に慰めてもらったという人は少なくないのでは?

こうした言い回しはよく聞かれるものではありますが、それを心から信じることができる人がどれくらいいるかといえば、決して多くはないはずです。

けれども、“どんなときも未来への希望をもっている人”は、たとえ手痛い失恋の直後であったとしても、やがて新しい恋が訪れることを心の底から信じることができるのです。また、終わった恋に執着しないため、つらい経験からたくさんのことを学ぶことができますし、立ち直りも自然と早いものになるでしょう。

とはいうものの、この“もっと幸せな恋が訪れる”という考え方は、いくつか恋を経験するうちに多くの人がたどり着く考え方でもあります。いつか自然とそんな考え方にたどり着いたなら、それは“どんなときも未来への希望をもっている人”に近付いた証といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、失恋をしたあと、その経験を糧として成長しつつ立ち直ることができるかどうかによって将来手にする幸せの大きさが大きく変わってくること。そして、それができる人に共通する特徴というのが

  • 自分の欠点や過ち、弱さを認める強さをもっている
  • 相手の立場や気持ちを思いやることができる
  • どんなときも未来への希望をもっている

というものであることについてご紹介してきました。

失恋が胸を押しつぶされるようなつらく苦しい経験であることは確かです。それを乗り越えることは誰にとっても簡単なことではありません。けれども、それでも幸せになりたいと望む気持ちが心のどこかにあるのであれば、いつかきっぱりと立ち直る必要があるということは紛れもない事実です。

そんな心の痛みから立ち直る過程のなかで、人として女性として大きく成長を果たすことができたなら、きっと将来あなたが手にする幸せもそのときのあなたに見合うだけの大きくゆるぎないものとなっていることでしょう。

ぜひ今回の記事を参考に、つらく苦しい失恋の時期を将来の幸せのための充電期間に変えてみてくださいね。