復縁方法・マニュアル

冷却期間中のバレンタイン、どうしてますか?渡していい人、ダメな人

彼とは現在冷却期間中だけど、バレンタインをどうすべきか悩んでしまう人は多いかと思います。
今回はチョコレートはどうすべきかという点を見ていきましょう。

冷却期間中にバレンタインチョコを渡すのはNG!

バレンタインというイベントを利用して、彼と元に戻れるかもなど様々な考えがあるかもしれませんが、結論から言ってしまうとバレンタインチョコは渡すべきではありません。

冷却期間や彼との関係にもよりますが、冷却期間をおいたばかりだったりとギクシャクした関係なのならばもう少し様子を見るべきではないかと思います。

男性からすれば少し重いと感じてしまうかもしれませんし、あえて渡さないことが逆にアピールになるということもあります。今回は渡したい気持ちを抑えて、見送るべきでしょう。

バレンタインチョコを渡していいのは友達に近い関係の時

バレンタインチョコを渡しても良いケースもあります。冷却期間をとっているけど、彼との関係は良好な場合です。

頻繁に連絡をとっていたり、友達に近い関係なら義理チョコ風に渡せばよいですし、よりを戻せそうな良い関係なら、バレンタインチョコを渡すことがキッカケになるかもしれません。

必ずしも渡すことが悪いというわけではなく、彼との現在の関係を見極めて渡すか渡さないかを決めましょう。このように渡しても大丈夫なケースもたくさんあるので、渡す前にじっくり考えて見て下さい。

冷却期間中のバレンタインチョコの渡し方

冷却期間中で関係も曖昧だけどどうしても渡して自分の気持を伝えたいと思う場合は、いきなり待ち伏せするのではなく必ず連絡をとってから渡すようにしましょう。

ポストに勝手に入れたり自宅に押しかけるなどは絶対にしてはいけません。渡すチョコレートも手作り本命チョコといった感じのものではなく、友チョコくらいの軽い感じのものを選ぶと良いです。

手作りチョコレートだと復縁を迫っているような印象を受けてしまいますし、男の人にとっては若干重く感じます。

友達だからあげるんだよくらいの感覚で、フランクに渡すのがコツです。サラッと何事もなく渡すことで、相手も逆にあなたのことが気になるかもしれません。

あくまでも冷却期間中ということを忘れずに、相手の迷惑にならない方法で渡しましょう。

まとめ

以上がバレンタインをどうするべきかのまとめでした。状況にもよりますが基本的にはチョコは渡さず様子見のほうが賢いでしょう。

やはり冷却期間の元カノからチョコを持らうというのは少し複雑な心境になると思います。

バレンタインの季節はみんな手作りチョコや恋人の話で盛り上がり、どうしても渡したいという気持ちが強くなりがちですが、バレンタインは諦めて復縁のチャンスは他にもたくさんあるので、その時にさっと動ける心の準備をしておきましょう。

チョコレートを渡すにはバレンタインのかなり前から彼との関係を良くしていって、良い友達くらいの関係になっていたなら渡すことは可能です。

ですがバレンタインにこだわらずに、ゆっくりと関係を深めていくことが復縁の近道となるので、焦らずゆっくり頑張ってみて下さい。