復縁方法・マニュアル

復縁をしたいなら彼への依存心はなくすようにして

元彼と別れてしまったには、頼りになる彼氏についつい何でも任せていしまったり、精神的に甘えてばかりいたことが原因だという人もいるでしょう。

元彼への依存心が強過ぎた人にとっては、元彼と離れていた時間は本当に辛く、復縁したいと願っているでしょうが、その依存心が変わっていなければ同じことを繰り返すだけです。

依存心をなくして、新しい自分に生まれ変わって復縁するためのポイントをお伝えします。

自分で何かをやり遂げてみる

彼への依存心が強かった人は、自分でするんべきことも彼に任せてしまうなど、自分でなにかをやり遂げたり、判断する機会はあまりなかったのではないでしょうか。

最初はそんなあなたを可愛く思っていた彼も、段々と重荷になってしまったことは想像に難くありません。

まずは彼に頼りきり現状を打破するために、目標を決めてそれをやり遂げることにチャレンジしましょう。

まだ1人でしたことがないものであれば、何でも結構です。料理を覚えたり習い事などの実用的なものから、自分で計画した1人旅なども良いでしょう。

自分の力だけで何かを達成するとそれは大きな自信になります。1つ自信が付けば、他のこともできるような気になるので、積極的にチャレンジする意欲が湧いてきます。

そうなれば自然と依存心は薄まっていますので、復縁しても以前のように彼の負担にはなりませんし、新しい自分を見せることができます。

自分を客観視してみる

依存心が強い人は無自覚で依存していることが多いです。過去の自分の言動や今の気持ちを紙に書き出してみて、自分の性格を客観的に分析してみましょう。

他人の依存心には気が付きやすいものですので、紙に書き出すことで自分が良くなかった点も見つけることができるようになります。

自分の問題点をあぶり出すことができればあとはそれを解消していくことです。

長年染み付いた感覚を改善するのは簡単なことではないでしょうが、彼との復縁を思えば頑張れるはずです。

彼からしてもあなたの依存心を指摘するのは器の小さい男と思われそうで案外出来ないものです。自分で気が付いて改善してくれば、彼も喜んで迎え入れてくれるでしょう。

彼のためにしてあげられることを考える

依存心が強くて問題なのは彼から与えてもらう一方であったということです。

あなたが彼のためにしてあげられることを考えることで一方的な依存の関係は脱することができますし、あなた自身にも自立心が芽生えます。

彼の支えになることが大切なので、彼の話を聞くことから始めても構いません。理解しようとするだけでも彼も嬉しくなります。

彼の力になることができるようになれば、自然とパートナーとして復縁することは可能です。

まとめ

甘え上手は女性にとっては武器の1つですので、それを活用することは悪いわけではありません。

しかしその頻度が多すぎて、さらに彼にだけ負担をかけているようでは恋人とは言えません。

別れてしまったことは残念ですが、その分生まれ変わる時間をもらえたと前向きに捉えましょう。

その期間に依存心を減らすことが出来るようになれば、復縁して前よりももっと良い関係になる可能性も高いです。