メール・LINE・デートテクニック

元彼とのヨリを戻したい!有効なメールのコツは?

元彼が忘れられなくて次の恋に踏み出せない女性はたくさんいるはずです。

元カレとの復縁を望んでいるあなたはきっと、彼にどうやってメッセージを送るべきかと日々悩んでいることでしょう。

今回は、そんなあなたの悩みを解決すべき、元彼との復縁を望んでいる時に送るメッセージのコツをお伝えいたします。

別れた理由によってハードルが違う?

まず大切なのは、元彼とどういう形で別れてしまったのかがポイントになります。

別れた理由があなたの浮気が原因であったり、彼に対して言葉の暴力を与えてしまったなど、彼を傷つけてしまったような別れをしてしまった場合は、彼はあなたに対して信頼感がものすごく少なくなっていっていると言えるでしょう。

この場合は、復縁のキーは相手が握っていると言えるので、元彼に送るメールは細心の注意を払わなければなりません。

逆に、元彼が原因で別れてしまった場合は、彼はまだあなたに未練があることもあります。

この場合であれば、復縁のキーはあなたが握っていますので、元彼に復縁を求めるメールは非常にハードルが低くなります。

元彼への復縁メールのポイント

あなたが原因での別れだったのであれば、グイグイ積極的に復縁したいアピールをするのは失敗につながります。

あなたが十分に反省をし、別れたことで彼があなたにとって心の底から大切な存在だったと伝えることが大切です。

本当は連絡が取りたいんだけど、彼を傷つけたことで自分も傷ついていて、もどかしい思いをしていることがわかるメールを書くことを念頭に置いてください。

相手が原因で別れてしまった場合は、復縁したい気持ちがいっぱいだけど、もう二度と傷つきたくないという素直な気持ちをかくことが大切です。

もちろん、相手が同じ過ちを犯さないと誠意をもって対応してくれるかどうかを見極める必要はあります。

メールは最後の文章が大切

メールを書く際のポイントとして、最後に書く文章にはかなりのインパクトがあります。

あなたが原因で別れた場合、最後の文章に「ヨリを戻したいんだけどどう?」とか「ちょっと会って話がしたいんだけど、いつ会える?」と言っても、元彼にとっては「はぁ?何言ってんのコイツ」って思われるだけです。

相手のことをしっかりと考え、元彼に送る復縁メールでは、最初のメールではあまり確信につかない方がベターです。

数回のメールのやり取りを重ねたうえで、メールの最後は、付き合っていた頃と同じように書けば効果的ですよ。

「おやすみ」だったり、メールを数回重ねているのであれば、「またね!」や「また明日ね!」とメールを送り、あなたからくるメールを日常的にすれば良いのです。

回数を少しずつ増やし、あなたからくるメールが当たり前になる。そう思わせることで、相手も自然にあなたとの復縁を望むようになるのです。

相手が原因で別れた場合、もともとの別れの原因は元彼になります。

最初から甘やかすような復縁メッセ—ジで最後に、「また明日!」とか「早く会いたいな」なんていう締めのメールを送っては、何をしても許してくれるんだと思われても仕方がありません。

メールの最後はあっさりと終わらせることがカギになります。

あっさりとメールが終わってしまうことを、元彼は寂しく思い、その心境であなたの心を取り戻そうと必死になるのです。