メール・LINE・デートテクニック

元彼に連絡するのはいつからならOK?内容は?復縁を叶える連絡テク

素敵な恋愛をすればするほど、別れは辛いものです。特に、相手から振られてしまった場合は、未練を断ち切ることが難しく、どうにかよりを戻そうと画策する人も少なくありません。

中にはそんな“画策”がうまくいって、見事「元彼とよりが戻った!」「前に付き合っていた時より、仲良くなった!」なんて女子がいるのも事実。

今回は、そんな元彼との復縁を叶える連絡テクニックについて、復縁直後からのステップ別で、ご紹介したいと思います!

別れた直後は、追いかけまくるのが有効?

まずは、別れてしまった直後の行動についてです。別れた後は、あなたの「別れたくない」「よりを戻したい」という気持ちをしっかりと彼に伝えることが重要です。

ここで変なプライドを持ってしまい、本当は別れたくないのに別れを容認してしまったり、カッコつけてしまうと、後々大きな後悔をしてしまうことも少なくありません。

まずは、あなたの正直な気持ちを表現して、彼氏に素直にぶつかることを心がけましょう。

まずは自分の気持ちを伝えきるのが大切

そんな気持ちの伝え方にも、ちょっとしたポイントがあります。別れてしまったり振られてしまった事実に焦って、我を忘れて相手のことを考えずに連絡を取りまくるのは、得策ではありません。

彼がどうしてあなたと別れたいと思うのか?という点について、徹底的に考える必要があります。別れ話やこれまでの交際の中で、彼氏がたくさんあなたへヒントを出していると思うので、そんな記憶を思い返し、自分がどんな言動を取るのが復縁に向けて最適か、検討しましょう。

例えば、あなたの束縛がきつすぎて振られてしまった場合には、これから極力、束縛をしないように伝える必要があるのですが、口だけであなたの今後を信頼してもらうことは難しい場合もあるでしょう。

そんな際には、もう一度信頼してもらうためのトライアル期間を設ける必要があるかもしれませんし、少し距離を置く必要があるのかもしれません。

アプローチ方法は、彼の性格を考えて

彼が“元彼”であるということは、あなたは彼の性格を少なからず理解しているはず。復縁のアプローチをする際は、そんな彼の性格をよく考えておこなう必要があります。

せっかちな彼であれば、あなたが復縁したいと思う気持ちや、復縁に向けた考えを即座に的確に説明する必要がありますが、マイペースな彼であれば、そんな彼のペースに合わせる必要があります。

頻度高くあなたのペースでアプローチしてしまうと、その圧力や一方的な姿勢にさらに嫌に感じられてしまうこともありますし、せっかく復縁のタイミングがあったとしても、逃してしまう可能性が高いです。

付き合っていた頃のことを思い出し、彼の性格に合わせたアプローチ内容や連絡の頻度を心がけるようにしてみてくださいね!

彼の反応が悪くても、自分が納得いくまで諦めない

アプローチを続けているのに、彼の反応が悪かったとしても、諦める必要はありません。

彼の心を取り戻すべく入念に画策する必要はありますが、あくまでもこのステップで大事なのは、あなたの気持ちが済むまでアプローチを続けること。「もうやり残したことはない」「これ以上やっても復縁の可能性はない」と思いきれるところまで、まずはアプローチを続けてみましょう。

彼に無視されたり、はっきりと断られて、心がヅタヅタになるかもしれませんが、そこまできてやっと次のステップに進めると考えてください。

ここでのアプローチが不十分だと、次のステップで中途半端な言動を取ってしまい、結果的に復縁が難しくなってしまう場合がありますので、やりきることを目標にアプローチしてみましょう。

復縁できない場合は、音信不通になるのがいい?

2ステップ目としておすすめするのが、音信不通になることです。

1ステップ目で、心がヅタヅタになるまで、ひたすら彼に復縁に向けたアプローチをしていると思いますので、ここではそんな疲れ切った心を癒すためにも、彼と距離を置いてみましょう。

このステップでは、彼とは一切連絡を取りません。普段顔を合わす場合も、意図的に会わない時間に行動をしたり、目を合わさないようにして、あなたの心の中から無理にでも彼の存在を消し去りましょう。

音信不通期間は、3ヶ月

音信不通になる期間ですが、目安は3ヶ月です。なぜ、3ヶ月がいいかというと、人の心が何かを懐かしいと感じたり、ふと思い返したりする期間のおおよそが3ヶ月であるから。

また日本では、約3ヶ月を1タームとして季節が巡ることもあり、お互いに、心のリセットが聞きやすい期間でもあります。まずは3ヶ月を目標に、彼との完全な音信不通状態を作ってみましょう。

本当は頭も心も彼のことでいっぱいで、今すぐにでも連絡を取って甘えたい気持ちがあったとしても、カレンダーに目標の3ヶ月までの目印をつけるなどして、どうにかこの期間をやりきる必要があります。

途中で心が折れて、彼に連絡を取ってしまわないように、周囲に宣言しておくのも方法ですね。

連絡がしたい時も、あらゆる方法で気を紛らわす

この時期、付き合っていた頃のことを思い出してみると、彼のいいところや素敵な思い出ばかりは蘇ってくるものです。

「思い出は美化される」という名言があるように、付き合っていた当時はそれなりに辛いこともあり、彼の嫌な部分も見えていたにもかかわらず、距離を置いてみると愛おしくて仕方なくなるものなのです。それでも、彼に連絡を取るのは絶対に禁止。ありとあらゆる手段を使って、彼と距離を置き続けましょう。

女友達と朝まで失恋話をアテに飲み明かしたり、旅行に出かけてもいいですし、一人暮らしの人は引っ越してみたり、実家にたくさん帰ったりして、家族に心を癒してもらうことも有効な方法になりますよ!とにかく、彼と連絡を取らないでいられるなら、考えられるすべての方法を実践してみることをおすすめします。

元彼に新たな恋の噂が流れても、連絡しない

このステップの最中に最も恐れることは、彼に新たな恋が訪れてしまうこと。あなたが素敵だと感じている男性なので、失恋後早々に新たな恋の噂が流れるのも不思議なことではありません。

「別れてすぐに次の彼女ができるなんて!時期被ってたんじゃないの!?」とか「私のことはもういいの!!」と、愚痴の一つや二つを吐いてやりたくなるものですが、それもグッとこらえて、何食わぬ顔で距離を取り続けましょう。

この時、彼のSNSをチェックしたり行動を観察したくなる気持ちは痛いほどよくわかりますが、そうした行動も、もし相手にその詮索がバレてしまう場合は、すべて禁止です。

あなたが彼に全く興味がなくなったかのような態度を取り続けることが、復縁に向けた近道となるのです。

3ヶ月後の再アプローチの方法は?

3ヶ月、頑張って音信不通の状態を取ることができたら、再度、彼へのアプローチを開始するのが3ステップ目です。

ここでは、1ステップ目のアプローチとは打って変わって、冷静に彼と連絡を取る必要があります。3ヶ月間、彼と連絡を取らずに少なからずお互いのことを考えていたと思うので、あなたらしい彼との連絡内容を考えてみましょう。

あくまでも冷静に。彼の今の心境をあなたなりに十分に考えて、効果的な再アプローチを開始しましょう!

久しぶりの連絡は、気軽に

連絡するときの内容ですが、細かな部分はあなたが最適だと思う、彼にあったアプローチ内容とすべきなのですが、基本的なベースのテンションは、気軽な感じで連絡するのがおすすめです。間違っても、いきなり復縁を迫ったり、自己反省文のようなネガティブなものは送らないようにしましょう。

3ヶ月以上、連絡を取っていなかったはずなので、相手の恋愛以外の近況を確認するものや、自分が今楽しんでいることなどを、気軽なトーンで伝えるのがいいでしょう。

付き合っていた頃によく話題にしていた、彼の好きなものに関すること、例えばアーティストやペットのことなど、でもいいですが、「元気してる?」「久しぶりだね」程度のライトなものを続けるのがベストです。

万が一、彼から連絡が返ってこなかった場合も、しつこく何度も連絡をするのはタブー。しばらく彼の反応がないか、黙って待っていましょう。

不自然にならないように、彼を誘い出す

彼からの反応が得られたら、何回かに分けて連絡をやりとりした上で、実際に会って会話をする機会を作れるように、彼を誘い出すことにチャレンジしてみましょう。

「昼間、ちょっとだけお茶しない?」とか「休憩中のランチでも!」と言った、相手に短時間の再会であることがわかるような誘い出し方がおすすめです。3ヶ月以上離れていたとはいえ、彼には“復縁を迫られるのかな?”という、少しの警戒心が芽生えるので、間違ってもディナーや休日のデートなどの長時間の拘束を示すものは控えましょう。

あくまでも、世間話をする延長のような流れで、誘い出すのがおすすめです。なるべく彼がYESと返事しやすいように、ライトに誘い出しましょう。

彼のペースに合わせて、様々な話をする

実際に彼と会うことができたら、まずは彼の話を聞き出すように心がけましょう。あなたから付き合っていた頃の話や復縁の話を切り出すのはNGです。

もしかすると、全くお互いの関係について会話をすることなく、その日はお別れすることになるかもしれませんが、それでも問題ありません。

ここでの目的は、あなたとの時間が「やっぱり居心地いいのかも!」と彼に徐々に気づかせることです。

なので、復縁に向けた積極的な話し合いをする必要は皆無。2人の時間をゆっくりと楽しむようにしましょう。

こんな時間を持てるチャンスがあれば、繰り返し2人でのんびりと会うようにしましょう。そのうちに、彼から恋愛についての話が出たり、自然と復縁に向けた会話をしていることが多いものです。

まとめ

今回は、元彼との復縁に向けた連絡タイミングやその内容ついて、ご紹介しました。

言葉にすると簡単で、スムーズに進められそうに感じるものですが、失恋した後の心は、自分でも驚くほどにボロボロでコントロールが効かないもの。

衝動的になって、計画していたプロセスが台無しになることもありますし、もちろん、彼に新しい彼女ができて、全く復縁の可能性がなくなるようなこともしばしば訪れます。

それでも、あなたの恋愛人生が終わったわけではなく、そんな失恋が、これから訪れるもっと素敵な恋の始まりになることも多々あります。

失恋中にはにわかに信じられないかもしれませんが、振られた直後のボロボロになっている女性は、「守ってあげたい!」と男性の心をくすぐるモテオーラが出ている、などと言われたりもします。

ぜひ、悲観的になりすぎずに、「もっと恋愛を楽しんでやる!」くらいの気持ちで、失恋をうまく乗り切ってみてくださいね!