メール・LINE・デートテクニック

やっと復縁できた二人の危ないLINEのやり取り

どうしても忘れられない元彼・元カノとよりを戻したい。そんな復縁ができたら、次こそお互いちゃんと向き合って付き合っていこうと考える人は多いはずです。

しかし、やっとの想いで復縁できたのに、なぜか二人のLINEのやり取りが危ない。では、どんなLINEのやり取りが二人の危機を招いてしまうのでしょうか。

かみ合わないLINEのやり取り

LINEをしていて話がかみ合わないなと感じたことはありませんか?

「今日は○○ちゃんと遊ぶよ!」と送っても、「眠い」など何もそのことに対して触れずに返ってくる。そのようなかみ合わない、自分勝手なLINEのやり取りは危ないです。

何とか復縁できたとしても、このようなやり取りが続けば、だんだんとしんどくなってきます。なんて返ってくるのだろうと、送るのもきつくなります。

やはり、LINEはたのしくてドキドキしたやり取りがしたいですよね。

基本的な挨拶の返信がない

お互いのことを思い、恋人同士なら「おはよう」「おやすみ」のやり取りは欠かせないはずです。

「おやすみ」と送っているのに返ってこないで次の朝に違う内容がきていたりなど、あまり良い気持ちにはなれませんよね。

ラブラブでお互いが好きであれば、そのコミュニケーションはやはり大切になってきます。

たまたま寝てしまった、朝送る暇がなかったなど、一度くらいならまだ良いのですが、あいさつが続かないのは危ないです。冷めきってしまっているかもしれませんね。

こんなコミュニケーションの取れないLINEのやり取りも、いずれだんだんと億劫になってきます。

会話が続かない

LINEで会話が続かないのは正直危ないです。どっちかが話題を振って一生懸命やり取りしようとしても、疲れてしましますよね。

例えば、「今日は仕事忙しかった〜疲れた」などと送っても、「おつかれ」の一言だとどう返せばいいか分からないですよね。

そっけないし、疲れているうえに返すのもしんどくなってきます。「おつかれ」の後に何か送ってくれれば続くはずのやり取りが、何だか楽しくなくなってきますよね。

返ってくるけど、振った話に興味がない返信だったり、一言で終わっていたりと何も面白くありません。一言で終わらされるとまた次の新しい話題を振らないといけなくなります。

そのうち、「適当な返信しか返ってこないし」と送るのをやめてしまし。LINEが途絶えてしまうなんてことは全然あります。

まとめ

皆さんは、LINEのやり取りをしてでも元彼・元カノと復縁し、付き合い続けたいと思いますか?

このようなLINEのやり取りをしているのであれば、もう二人の間には愛が薄れ、冷めきっているかもしれません。

話がかみ合わないなんてことはありませんか?「おはよう」「おやすみ」などコミュニケーションは取れていますか?会話はちゃんと続いていますか?

もう一度自分たちのLINEのやり取りがどうなっているのか、本当に連絡を取り合っていて楽しいのか見直してみることも大切かもしれません。