メール・LINE・デートテクニック

復縁のために手紙はアリ?もらった側はどう思う?気になるポイントを解説!

『別れた恋人と復縁するために手紙を書きましょう』…こういわれると、戸惑ってしまうという人は多いのでは?

おそらくは、メールやラインのようなコミュニケーション手段が発達した現代で、復縁のためにあえて手紙を使うメリットが思いつかないというのがその大きな理由なのではないでしょうか。その一方で、もしも手紙が復縁に有効な手段であるのなら、思い切って試してみたいと考える復縁活動中の人も少なくないことでしょう。

そこで今回は、復縁に手紙はアリなのか。また、もらった側の気持ちと注意したいポイントをくわしくご紹介していきます。ぜひあなたの復縁活動の参考にしてみてくださいね。

復縁に手紙はアリかナシか…答えは『断然アリ!!』

まず、復縁に手紙がアリかナシかについて考えていきましょう。結果からお伝えすると、答えは「断然アリ」です。というのも、復縁の第一歩として必要不可欠なのは、なによりも“固く閉ざされてしまった相手の心を動かす”ことだから。

その人の性格にもよりますが、別れた相手に対するマイナス感情はのちのちまで尾を引くものです。そんなマイナスの状態から、「復縁してもいいかな」と考えるまでにいたるには、相手の理性と感情を大きく揺り動かすような強烈なインパクトが必要となるのはいうまでもありません。

では、そんなインパクトを相手に与えうるものとはどのようなものなのでしょうか。その答えこそが、今回ご紹介する手紙なのです。

この時代にあえて手紙を送るということ。“相手の理性と感情を大きく揺り動かすような強烈なインパクト”を与えるうえでこれほどふさわしいものはありません。あなたの綴る心のこもった手紙は、復縁へと向かう大きな一歩となるはずです。

復縁のための手紙をもらった人が感じる本音

ここで気になるのは、実際にあなたが復縁のための手紙を送ったとき、受け取った相手がどう感じるかということではないでしょうか。もちろん、感じ方は人それぞれではありますが、ほとんどの人に共通する本音というものも存在してます。

ここでは、別れた恋人から復縁の手紙を受け取った人がとくに抱きやすい三つの本音をピックアップしてご紹介していきます。あなたが手紙を送る相手が抱く本音はこの中のいったいどれになるのでしょうか。しっかりとイメージしてみることで、より相手の心に響く手紙を書きあげることができるでしょう。

「いまどき手紙!?ビックリした!!」

“復縁のための手紙をもらった人が感じる本音”一つ目は、「いまどき手紙!?ビックリした!!」というもの。その驚きが大きければ大きいほどに、復縁へと向かう強烈なインパクトを与えられることになります。

では、どのような人が「いまどき手紙!?ビックリした!!」という感想を抱きやすいかというと…それは“素直で楽観的、自分の気持ちに正直な人”です。このタイプは、人を信じやすく、相手の行動の裏を読むことをしません。手紙に書かれた内容についても文字どおりに受け取ってしまうので、いいたいこと、伝えたいことをそのままの言葉で綴ることが大切です。

このタイプへの手紙では、文章に言外の意味を含ませようとしたり、妙に飾り立てることは避けましょう。さもないと、相手はあなたの真意をはかることができず、リアクションに迷った結果として読み捨てられてしまう可能性が高いのです。

「これを用意するの、すごく勇気がいっただろうなあ」

“復縁のための手紙をもらった人が感じる本音”二つ目は、「これを用意するの、すごく勇気がいっただろうなあ」というものです。

これは、“感受性豊かで繊細な人”が抱きがちな本音です。このタイプの人は、人の気持ちを察する能力に長けています。相手のどんなにささいな言動からもその気持ちや考えを推し量ることができるので、あなたからの手紙を受け取った際も、まずはそれを用意したあなたの心情を思いやってくれることでしょう。

別れた恋人がこのタイプであるのなら、手紙を手元まで届けた時点であなたに対するマイナス感情のほとんどを消し去ることができるはず。文面でよほどのミスをしない限り、あなたへの感情はポジティブなものへと変化することでしょう。ある意味、手紙による復縁可能性がもっとも高いタイプといえそうです。

「この人は自分のことを真剣に考えてるんだな」

“復縁のための手紙をもらった人が感じる本音”三つ目は、「この人は自分のことを真剣に考えてるんだな」というものです。

こうした本音を抱きやすいのは、“真面目で堅実な地に足のついた人”。仕事であれ恋愛であれ、遠い理想を追い求めるよりも、確実な成果を得られる道を選ぶタイプです。その人自身、リスクを避ける生き方が身についているために、“別れた恋人に手紙を送る”といった捨て身の行動には大きな衝撃を受けるはず。同時に、「それだけ自分のことを真剣に考えているんだな」と、あなたの本気を身に染みて実感することでしょう。

このタイプの心を動かすには、誠実で真摯な態度が必要不可欠。あなたの真剣さがどれだけ伝わるかどうかが復縁を叶えるための鍵となるでしょう。

復縁のために手紙を用意するなら注意したいポイント

次に、“復縁のために手紙を用意するなら注意したいポイント”についてお伝えしていきましょう。

手紙を利用しての復縁では、“これだけはしてはいけないNGポイント”というものがいくつか存在しています。別れた恋人へ手紙を届けるまでには、精神的、物理的にたくさんの手間や苦労があるはず。にもかかわらず、たったひとつのミスのために努力のすべてが無駄になってしまうとしたらこれほど悲しいことはありません。

そんな悲しい事態を避けるためにも、ここでご紹介するポイントをぜひ心に留めておきましょう。そうすることで、あなたの復縁はより確実に成功へと近付くことになるはずです。

直接のポストインはできる限り避ける

“復縁のために手紙を用意するなら注意したいポイント”の中でも、とくに意識しておきたいのが、“直接のポストインはできる限り避ける”というものです。

いざ手紙を用意したときに起こりがちなのが、“相手の家の場所は知っているけれど、正確な住所はわからない”という問題です。「付き合っていたころは何度もいっていたから場所はわかる。直接ポストに入れてしまおう…」そう考えるのは自然なことのように思われるかもしれませんが、実はこれこそが致命的なNG行動。

というのも、あなたにとっての別れた恋人は“よりを戻したい大切な人”ですが、相手もあなたのことを同じように感じているとは限りません。場合によっては、“二度と顔を見たくない、かかわりたくない相手”と思われている可能性もゼロではないのです。

その場合、そんなあなたが家までやってきてポストに手紙を入れていくということは、相手にとって不快かつ恐怖でしかありません。手紙の内容以前の問題として、あなたのことを生理的に受け付けられなくなってしまう可能性が高いのです。

読んでくれたことへの感謝の気持ちを忘れず述べておく

二つ目の“復縁のために手紙を用意するなら注意したいポイント”は、“読んでくれたことへの感謝の気持ちを忘れず述べておく”というものです。

復縁したい相手に手紙を書く場合、「自分を良く見せたい」、「相手に好かれたい」という無意識の思いから、ついついその手紙を読む当人である別れた恋人の心情をおきざりにしてしまいがち。自分の気持ちを相手に伝えることはもちろん大切なことではありますが、ここで忘れてはならないのが、“そもそも相手にはあなたの手紙を読む義務もなければ、あなたの心情を理解する必要もない”という事実です。

少なくともいまの段階では、あなたと相手はなんの関係もない“過去の交際相手”。そんな相手があなたの手紙を手に取って目を通してくれるというのは、それだけでじゅうぶん感謝すべきことなのです。

手紙の最後には、そんな相手への感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。復縁するかどうかを最終的に決めるのは相手ですが、「手紙を読んでくれてありがとう」というあなたの感謝の言葉は、その決断に少なからず良い影響を与えることになるはずです。

手紙の返事や復縁に対する答えを強要しない

“復縁のために手紙を用意するなら注意したいポイント”三つ目は、“手紙の返事や復縁に対する答えを強要しない”というものです。

“読んでくれたことへの感謝の気持ちを忘れず述べておく”の項でも触れたとおり、そもそも別れた恋人には、あなたの手紙を読むことやあなたの心情を理解する義務はありません。ましてや、その手紙に対してのリアクションを強要するような真似は論外です。

相手との復縁を願うのであればなおのこと、「お返事まってます」、「復縁について答えを聞かせてください」といった文面は避けるべき。仮に相手があなたとの復縁を前向きに考えていたとしても、リアクションを強要されたプレッシャーからすべてが面倒になってしまいそれっきり…そんなことにもなりかねません。

別れた恋人へ手紙を送る際は、“読むのも決断するのもリアクションするのも相手の自由”ということをしっかりと肝に銘じておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、“復縁のために手紙はアリなのか、もらった側の本音と注意したいポイント”についてご紹介してきました。

復縁したい相手に手紙を書くというのは、インパクトはもちろん、真摯な思いや本気度をストレートに伝えることのできる非常に有効な手段です。あなたからの手紙を読んだ別れた恋人は、きっとそんなあなたを好意的に受け止め、復縁を含めた今後についても真剣に考えてくれることでしょう。

とはいえ、それはあくまでも相手の心情に配慮しての話。直接手紙を相手の自宅のポストに入れることをはじめとする今回ご紹介してきた注意点を意識して行動するようにしてください。そうすることで、あなたが望む別れた恋人との復縁の可能性はより一層高まることになるはずです。