メール・LINE・デートテクニック

元彼との復縁をグッと引き寄せるメール術!成功者が実践する3つの極意

復縁へ続くことができる成功の多いパターンとしてはメールを複数回してから、電話を経て食事などへ出かけるという事が多いそうです。ともすると、メールでのきっかけ作りというのはかなり大きな意味を持っています。

メールの段階でうっかり距離を遠のかせてしまったりすると、今度はそれをも乗り越えた上で、距離を縮めるというのは難しくなってしまいますので気をつけたいですね。そんな時に実践したい成功者が実践する3つの極意をご紹介します。

復縁したい気持ちは置いておき、友達として接する

復縁したい気持ちが元彼に伝わってしまうと、彼からすると「別れたのに復縁を迫られるかも」と警戒されてしまうかも知れません。ですので、あくまでメールや接する時には友達としてと言うスタンスを崩さないようにする事が重要です。

つい焦って復縁を思わせるような事を言ってしまって、一度警戒されてしまうと、距離を置かれてしまう事は多いにありえますし、その状態から復縁まで持っていく事はとっても大変になってしまいます。

そうならない為にも、復縁を感じさせずに友達というスタンスを崩さぬように接するように心がけましょう。

相手の気持ちを尊重し、時間はとってもかかる事を想定する

自分は復縁したい気持ちがあるとしても、相手にも必ずしもあるとは限りません。一度別れているとなると、複雑な想いを抱えている事もあります。

ですので、もう一度元彼を振り向かせるまでには、思っているよりも時間がかかってしまうかも知れないと言う事は想定しておいた方が良いです。

すぐに良い結果が出ないからと焦ってしまうと、感情的になってしまったりして、あまり良い結果へと結びつきにくくなってしまいやすいです。焦りは禁物と思い、相手の気持ちを尊重して接する事が重要です。

復縁までに4ヶ月以上かかったと言う方もザラですので、気長に構えましょう。

チャラい雰囲気は出さず、誠実に真剣に接する

チャラいような雰囲気を出してしまうと、もう一度向き合ってお付き合いしようという気持ちにはなりづらくなってしまいます。うっかりしてしまうと、ただの遊びの関係になってしまう事も考えられます。

場の空気感などに流されてしまって、遊びの関係になってしまうと、そこから彼女へと戻って行く事はかなり難しくなってしまいます。

ですので、誠実さと真剣さは常に持って接した方が良いでしょう。何も堅い雰囲気にするのが良いという訳ではありませんが、誠実さや真剣さは相手に伝わる物です。

今後のためにも、接し方には気をつけましょう。

自分からメールしたら、自分から切り上げる

メール術の成功者が実践していたので、多いのはこの自分からメールしたら、自分から切り上げると言う点です。

たくさんメールはしたい所ではありますが、不自然にならない程度に、自分からさり気なくメールを終わらせる事で、重い感じを出さないようにする為です。

元彼もたくさんメールを送り合うのは、大変に思う時もあるかも知れませんし、「メールを1度すると終わらない」という印象がついてしまうと、今後あまり返信してくれなくなってしまう可能性があります。

ここはたくさんメールしたい気持ちは抑えて、メールは軽くだけして自分から切り上げるようにするのがベストです。

返事が来ない、もしくは反応が悪い場合には時間を空ける

メールをしてみて返信が無かった時には、潔く諦めて1週間前後の期間を空けた後にアプローチをしてみましょう。たまたま忙しくて返信ができなかったのかも知れませんが、あえて返信しなかった可能性もあります。

いずれの状況であっても、返信を催促するメールが来てしまうとちょっとゲンナリしてしまう方は多いでしょう。

せっかく勇気を出して、話題などを考えた上でメールしたのに返信が無かったら、確かにがっかりしてしまいますし、催促のメールもしたくなってしまいますが、悪い印象をつけてしまうよりも時間を空けて再度明るくアプローチしてみる方が良いでしょう。

「別れてからすぐに復縁を望むようなメールは送らない?」

復縁を望んでいる事は、元彼に伝わらない方が良いと言う事は上でも触れていますので、この点においては触れずにおき、別れてからすぐにと言う点について見て行きたいと思います。

別れた後には、どちらも感情的になってしまっている事もありますし、冷静になり切れない所もありがちです。そんな時に復縁を望むようなメールが来てしまうと、別れ話の続きのような雰囲気にもなりかねませんので、冷却期間を置いた方がお互い落ち着いて話がしやすくなります。

じっくりとお互いのわだかまりを無くして行く

自分にも別れた時や、お付き合いをしている間に、不満やわだかまりが残ってしまっている事もあるかも知れません。と言う事は相手にも同じような気持ちがある可能性もあります。

もしくは何か原因があって別れた場合には、原因が解決されていないと、わだかまりは解消されません。そこを少しずつ無くして行くように心がけてメールするようにすると、元彼も改善してくれていると感じる事ができるかも知れませんし、以前とは違うと言う印象を与える事ができます。

時間はかかってしまいますが、少しずつお互いのわだかまりを無くして行くと言うスタンスはとっても重要なポイントです。

「季節の挨拶や、転居のお知らせなどの恋愛に関係ないメールから?」

季節の挨拶や、近況報告的な恋愛には全く関係が無い話題は、冷却期間後に送るメールとしてはとっても便利です。ぜひタイミングが合えば、これらの話題を送ると元彼にも深く意識されずに読んでもらえる可能性があります。

特に新年の挨拶などは一斉送信な感じにもする事ができますし、軽い感じで送る事ができますので、とても送りやすくなります。転居のお知らせなども、元彼が以前家に来ていたりした事もあるかと思いますので、軽く送る事ができます。

復縁したい気持ちが伝わると、身構えられてしまう可能性があります

この挨拶の時にも、書き方には注意が必要です。復縁したい気持ちが伝わらないようにするのは再三触れている事ですが、メールの内容がうっかりでもネガティブな印象になってしまうと、身構えられてしまいます。

例えば「失恋が辛過ぎて転居する事になった」と言うようにも取れてしまう内容だと、相手に逆効果となってしまいます。別れた後だからこそ、そのように取られないように、気をつけなければなりません。

文面にはポジティブな感じを出しつつ、前に向かって行っていると言う雰囲気をちりばめておくと、相手も返信がしやすくなります。

「複数回メールをして良い雰囲気になったら食事のお誘い?」

成功者の間で実践されている事が多い事の1つに、複数回メール後に食事に行ったと言うのがあります。そのメールをしている間にしっかり信頼関係を作っておき、気軽にメールを送り合えるような仲に発展できたら、食事へ誘って2人で出かけると言うのは、想像しやすいですしスムーズな流れです。

なかなかタイミングを見計らったりするのは難しいかも知れませんが、良い雰囲気になって来たと思ったら、折を見て食事へ誘って見ましょう。

お互いに何の気なしに連絡が取れるようになってから食事へ

自分も元彼も気軽にメールをし合える仲にまで発展して来たら、食事へ誘うのがベストですが、急にただ誘うのも難しかったりします。ですので、ここでも季節のイベントなどのきっかけを用意しておくと、行きやすくなります。

年末だったら忘新年会、春頃だったらお花見、夏はお祭りを兼ねてなど単にこじつけのような物でも良いのですが、一緒に会うために食事にでかけるよりも、何かのきっかけが少しでもあった方が、より行きやすくなります。

1度断られてしまったりすると、ちょっと気まずく思ってしまいやすいです。ぜひ相手を食事に誘う時には、何かのきっかけを作って可能性をアップさせて誘って見てください。

まとめ

元彼と離れてしまった距離を取り戻すのは、最初にお付き合いを始める時よりもある意味難しかったりもします。ある程度気心が知れている仲ですし、訳があって別れてもいるはずです。

ですが、そんなお2人だからこそ、分かり合えたりする事もあるかも知れません。

復縁成功までの道のりは、そう簡単では無いと思いますし、嫌な事もあるかも知れませんし、時間がかかってしまう事は想像できますが、少しずつ前進して行く事でよりお2人の間に信頼関係ができると思います。

辛い事も多いかも知れませんが、相手を思いやって接して行きましょう。