復縁方法・マニュアル

失恋から立ち直るために重要なたった一つのコト。あなたは取り組めていますか?

失恋の苦しみから立ち直るのには、少し時間がかかってしまうもの。相手のことが好きであればあるほど、落ち込んでしまうのは仕方がありません。
しかし、いつまでも落ち込んでいては仕事にもプライベートにも支障が出てしまいますよね。自身の生活のためにも、失恋からは早く立ち直るべきだと言えます。
今回は、恋人と別れてしまい失意のどん底にいる人に向けて、失恋から立ち直るために重要なたった1つのことをお伝えします。

失恋はなぜ辛いのか?原因は様々

そもそも、なぜ人は失恋をしたら辛い想いをしなければいけないのでしょうか?その人の性格により様々ですが、大抵の原因は決まっています。失恋が辛いのは、相手のことを本当に好きだったから。その一言に尽きるのですが、もう少し深掘りして考えてみる必要があります。
なぜなら、この理由を深掘りすることで、自分自身の本音と向き合うことができるからです。ここでは、失恋が辛い3つの原因についてご紹介します。

1.今までの楽しかった頃には戻れないという虚無感

原因の1つとして、昔の楽しかった頃には戻れないという虚無感が挙げられます。これは、付き合っていた頃があまりにも楽しく、順調に交際関係を築いていた人に多いパターンでしょう。2人で訪れたデートスポットやもらったプレゼントなど、交際期間が長く思い出が多ければ多いほどこの虚無感は強くなります。
特に、結婚を考えていた恋人がいた場合、その虚無感はさらに大きなものとしてのしかかるのではないでしょうか。これから一緒に人生を歩むはずだった人との未来を失ったその虚無感は、きっと耐えがたいもの。よく、過去は美化されるものだと言われます。別れてからしばらくの間は、過去に縛られてしまうのも仕方がありません。

2.大切な人を失ってしまった喪失感

最も大きい失恋の辛さの原因は、大切な人を失ってしまった喪失感ではないでしょうか。遠距離カップルの場合であれば、通常のカップルより会う頻度が少ないためあまり意識しないかもしれませんが、常に恋人と一緒に行動していた人であればとても辛いはず。
朝起きた時、隣に恋人がいない。家へ帰っても、迎えてくれる人がいない。別れた直後はもちろん、日に日にこの喪失感を実感するようになる人は多いようです。
別れてからも、学校や職場で顔を合わせる必要がある人はさらに苦しい想いをするかもしれません。物理的には近くにいるのに、心はもう自分のもとには無い。この辛い事実と向き合う必要が出てきます。

3.もっと大切にしてあげれば良かったという後悔

付き合っていた頃、あまり恋人を大切にすることができなかった。そういった自覚がある人は、後悔の念が1番最初にくるかもしれません。
別れる直前、恋人から不満がよくこぼれていたにもかかわらず、きちんと話を聞いてあげなかった人。そういう人は、「もしあの時しっかりと話を聞いてあげていれば、別れることにはならなかったかも。」と後になってから別れの前兆に気づくこともあるでしょう。
時間は戻せませんし、後悔したからといって事態が好転するわけではありません。しかし、それでも悔やんでしまうのが人間。後悔している間は辛いかもしれませんが、今までの自分の行動を振り返る良いきっかけになるはずです。

失恋から立ち直るには自分自身を大切にする必要がある

失恋から立ち直るテクニック論はインターネットを探せばいくらでもありますが、マインド的な話について触れているものは多くありません。どんなにテクニックに頼っても、心の保ち方がわからなければ失恋から立ち直るのは時間がかかってしまいます。
それでは具体的に、失恋から立ち直るには何を意識すべきなのか。それはずばり、自分自身を大切にすることです。
今までは恋人中心の生活を送っていた人も、別れて1人になった今であれば時間にも余裕ができたはず。他人を中心とした時間の使い方をするのではなく、自分のために時間を使う。これを意識することが、失恋の辛さから立ち直る最短ルートだと言えるでしょう。

自分自身を大切にする3つの方法

それでは具体的に、自分自身を大切にすること、そして自分のために時間を使うとは一体どういったことなのでしょうか。あまりにも抽象的でわかりにくいかと思いますので、具体例を3つ紹介したいと思います。
この3つの例、全てが誰にでも当てはまるというわけではありません。ですから、この3つの中から自分に合った方法を参考にして頂ければと思います。きっと、失恋の辛さから抜け出せない人とって役に立つことでしょう。

時間やお金を自分自身のために投資する

恋人のために使っていた時間やお金は、自分自身の「投資」のために使いましょう。たとえば、デート代のために趣味を我慢していた人は、趣味にお金を使うのも良いかもしれません。スポーツや芸術、旅行など、魅力的な趣味はたくさんあります。
趣味に打ち込むことで、別れた恋人のことを思い返す時間が減ります。そしていつの間にか、元恋人のことを思い出さなくなる日もくることでしょう。
また、新たに趣味を見つけるのも良いかもしれません。新たな趣味は、今まで知らなかった世界を見せてくれる可能性を秘めています。自分のために時間やお金を使うことは、失恋の痛手から回復し人生をよりよくすることに繋がるのです。

2.友人関係を大切にし、人脈を広げる

今まで恋人優先の生活を送っていた人は、改めて友人関係の構築に努めると良いでしょう。恋人とのデートがあるから、友人からの誘いを断る。そんな生活を送っていた人も多いのでは?
友人、特に付き合いの長い旧友は一生物の宝。もし関係が薄くなってしまっていると感じるのであれば、積極的に遊びに誘うのがおすすめ。失恋で苦しい時、きっと話を聞いて支えてくれるはず。
また、新たに人脈を広げるのも効果的。異業種交流会やパーティーなど、たくさんの人がいる場所に行くことで、何か面白い出会いがある可能性も。仕事のパートナーが見つかるかもしれないし、もしかしたら人生を一緒に歩む伴侶に出会うかもしれません。

3.仕事に打ち込んでスキルアップに努める

どうせなら、仕事にガッツリと打ち込んではいかがでしょうか?社会人であれば、仕事をしている最中は失恋のことで落ち込んでいる暇はないはず。この失恋の辛さをバネに、仕事に打ち込むのがおすすめです。
失恋のことを思い出さないくらい、仕事に熱中できるのがベスト。そのためにも、何か資格の勉強を始めるのが良いかもしれません。業務に関係する資格でも良いですし、もともと興味があった勉強を始めるのも良いです。
失恋の痛手のようなネガティブな気持ちは、使い方によっては莫大なエネルギーを生み出します。失恋の辛さを仕事のエネルギーとして昇華することで、今までよりも成長した自分になれるかもしれません。

失恋から立ち直れない人には理由がある

上でお伝えした3つの方法を意識しても、失恋から立ち直れない人はいます。元々の性格が関係している場合も多いでしょうが、性格や気質は関係ないケースも多々。
その原因を見落としていては、いつまで経っても辛い気持ちは消えぬまま。どんなに行動しても、大好きだった元恋人のことが頭に浮かんでしまいます。
どうして失恋からいつまで経っても立ち直れないのか、ここでは理由を2つ紹介したいと思います。

1.いつまでも付き合っていた頃の思い出に固執している

元恋人そのものが忘れられないのではなく、「付き合っていた頃の楽しかった思い出」に固執してはいませんか?付き合っていた期間が長ければ長いほど、愛情ではなくただの情で付き合いを継続しているカップルも存在します。
今までの楽しかった思い出を、「あの頃は楽しかったな」といつまでも振り返っていては立ち直ることはできません。こういう場合は、思い切って2人の思い出の品を捨てるのが効果的。
いつまでも身近に元恋人からもらったプレゼントが置いてあれば、ふとした瞬間に2人の時間を思い出してしまうに決まっています。大切な物を捨てるのは勇気がいりますが、それでも一歩前へ進むための決断も大切ではないでしょうか。

2.別れ際に言いたいことを言えず別れてしまった

別れ際に言いたいことを言えず、不完全燃焼な別れ方をしてしまった人は立ち直るのに時間がかかるかもしれません。本当はもっと言いたいことがあったのに、言えずに別れてしまった。この気持ちを綺麗さっぱり忘れるのは、なかなか難しいです。
こういう場合、後から電話やメールで言いたいことを伝え直す人もいますが、その方法はあまりおすすめしません。別れ話が終わった後にグダグダと言いたいことを付け足すことで、後味が悪い別れ方としてお互いの記憶に残ってしまうからです。
言いたいことを言えずに別れてしまった苦しみを消すのは難しいですが、教訓として次回から生かすようにするのが良いでしょう。

失恋の悲しみは時間が解決してくれることもある

ここまでで、失恋の立ち直り方について紹介してきました。何をしても元恋人のことが忘れられない、そんな悩みを抱えている人はぜひ参考にしてください。
ただ、どんなテクニックにも勝るのが「時間」です。どんなに今が苦しくても、この苦しみが永遠に続くことはありません。いつかは終わりがきて、また楽しい毎日を送れるようになります。
無理に忘れようとするのが苦しければ、1度休憩して何もしない時間を設けるのも良いかもしれません。時に身を任せ、気持ちが軽くなるのをひたすら待つ。それも、1つの解決法だと言えます。
失恋の辛さは永遠に続かない。これを頭の片隅に置いておくだけでも心が軽くなりますので、ぜひ意識してください。

新しい出会いを探しにいくのもありかも

別れてから少し時間が経てば、新しい出会いを探しに行くのもありです。友人からの紹介や合コン、街コンやマッチングアプリなど今や出会いの方法は無限にあります。失恋の痛手を癒やすのは新しい恋だとも言いますし、少し羽を伸ばして新しい出会いに積極的になっても良いかもしれません。
元恋人がどんなに素晴らしい人だったとしても、その人が自分にとって運命の人であるとは限りません。運命の人は別にいて、まだその存在に気づいていないということも。
合コンや街コンのようにあえて出会いを探しに行かなくても、すでに身近に大切な人はいるのかもしれません。周りに目を向けることで、新たな幸せを見つけることができるかも。

まとめ

失恋からどう立ち直ればいいのかわからない人は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。そして覚えておいてほしいのが、失恋の辛さは誰もが通る道であり、辛いのは自分だけではないということ。この辛さに共感してくれる人は周囲にいるはずですので、信頼できる友人や家族に話を聞いてもらっても良いでしょう。
とにかく1人で抱え込みすぎてふさぎ込んでしまっては、気持ちは暗くなるばかり。周りの人に相談したり外へ遊びに行ったりするだけで、心が明るくなるはず。
また、時の流れに身を任せて、失恋の辛さに向き合うのも良いでしょう。とにかく自分なりの解消法を見つけ、早く失恋の辛さから立ち直れるよう意識してみてくださいね。