復縁方法・マニュアル

忘れられない元カレへの気持ちに対処する3つの方法

付き合っていた元カレと残念ながら別れることになってしまったら…。

もしも自分の中に元カレのことを好きという気持ちが残っていたら、別れ話が出ても納得できないですし、別れてしまってからも未練が残りいつまでたっても元カレのことを忘れられないという状態になってしまいます。

そんな元カレのことが忘れられないという場合、どのように対処するべきでしょうか。大きく分けて3つのパターンがあるので、ご紹介していきます。

元カレへの気持ちを整理して、封印してしまう

元カレのことが今でも好き、未練があるという場合でも、もう相手は離れてしまった、もう復縁できる可能性はないと感じていることもあるでしょう。そんな時には、早い段階で元カレへの気持ちを整理して、思い出を封印してしまうことが大切です。

未練があればなかなか気持ちを整理することはできません。また何かのきっかけで元カレのことを思い出してしまうスイッチが入ることもあるのです。しかしその気持ちを引きづったままでいるのは、自分の精神安定上良くありません。

元カレへの気持ちを整理することはとても大切です。そしてなるべく引きづらないように、思い出さないように封印してしまうことが大切です。そのためにはスイッチが入らないように退屈でボーっとした時間を作らないこと。目の前のことに集中してとりくむことが大切です。

いつまでも元カレへの思いを引きづって、いい思い出に変えてしまう

女性は意外に粘着気質の人が少なくありません。そのため元カレはこんなことをしていた、前の彼と元カレはこんなところが違っていたなど比較してしまいがち。そのため元カレが一番よく見えてしまうのですね。もしも元カレのことが忘れられないという場合、その思いをいつまでも引きづって行くのも一つの方法。

しかしこれには覚悟が必要です。元カレへの思いは引きづっているのですが、復縁できるとは限りません。好きという気持ちをどのようにコントロールするか、それが重要なポイントです。その場合、時間はかかりますが、元カレと共有してきた時間、出来事を整理していい思い出に変えてしまうのがおすすめです。

そうすればいつまでも好きで好きでたまらない、何故別れてしまったの?という後悔をせずに、いい思い出に変えてしまうことが出来ます。

早く気持ちに整理をつけるために新しい彼を作る

元カレのことが忘れられなくて辛いという人は、新しい彼を作るのもおすすめ。

もちろん元カレへの未練があれば、新しい彼と付き合い始めても、なんか違う…この人とはあわないのかな?と感じることは多いはずです。だからといってすぐに新しい彼と別れず、少し付き合ってみましょう。

少しずつ新しい彼の良いところが見えてきたら、この人とうまくやっていくことが出来るかも…と思うことも出来るかもしれません。

新しい彼のことを考える時間が出来ると、元カレを思い出す時間も少なくなるし、別れた後の気持ちに早く整理をつけることが可能になります。