メール・LINE・デートテクニック

 復縁のきっかけになるメールの内容や送り方とは?タイミングや内容を解説

別れた恋人と復縁したいと願ってはいるものの、いまさらなんのきっかけもつかめない…そんな悩みを抱えている人は少なくないのでは?

そんなあなたにぜひおススメしたいのが、“メールを復縁のきっかけにする”という方法です。とはいえ、その送り方を間違えてしまうと、復縁どころかかえって相手の心が離れてしまうなんてことにもなりまねません。

そこで今回は、復縁のきっかけになるメールのコツについて、タイミングから内容にいたるまで具体的にご紹介していきます。あなたと元恋人が幸せな復縁を果たすためのひとつのヒントにしてみてくださいね。

復縁のきっかけメールはタイミングと内容が大事!!

復縁のきっかけにメールを利用するとき、なにより考えなければならないのがそのタイミングと内容です。

というのも、復縁というのは、ただ相手に想いを伝えるのみならず、ふたりが抱える過去のわだかまりを同時に克服しなければならないという非常にセンシティブなものだから。まかりまちがって相手の心の傷をえぐってしまったり、ささいなニュアンスの過ちから相手の神経を逆なでしてしまったが最後、つなぎかけた糸は永遠に断ち切られてしまうことでしょう。

そんな悲劇的な結末を迎えることのないよう、あらかじめメールのタイミングと内容について慎重にプランを立てておくことが必要です。以下、復縁のきっかけとしてメールを送るのに最適なタイミングを三つのケースに分類し、それぞれに適した内容とポイントを具体的にご紹介していきましょう。

CASE1:自分自身にポジティブな変化があったとき

まず最初にご紹介するのは、“自分自身にポジティブな変化があったときに送るメール”です。

この“ポジティブな変化”というのは、たとえば“昇進”、“進学”、“資格試験などの合格”、“希望の地域への引っ越し”といった、あなたにとってうれしい環境や立場の変化と考えてください。

なぜこのタイミングがオススメなのかといえば、なにより、こうしたポジティブな変化を迎えたとき、人はもっとも自信に満ちあふれ、心に余裕がもてるようになるものだからです。復縁活動において、焦りや不安から早急に結果を求めすぎて失敗してしまうという人は後を絶ちません。そうしたリスクからもっとも遠いのが、この“自分自身にポジティブな変化があったとき”となるのです。

価値の高まった自分をさりげなくアピールする

“自分自身にポジティブな変化があったときに送るメール”でおぼえておきたいポイント一つ目は、“価値の高まった自分をさりげなくアピールする”というものです。

あなた自身にポジティブな変化があったタイミングで復縁したい元恋人にメールを送るというのは、あなた自身に自信と余裕があるという意味で素晴らしいことではありますが、それだけではありません。“今の自分は昔の自分よりも価値がある”ということを元恋人に知らしめることによって、相手の心にあなたとの復縁について考えるきっかけを作ることができるのです。

とはいえ、あまりにも自慢めいた伝え方をしてしまうと、むしろ相手は興ざめしてしまうことでしょう。「そういえば、前に取りたいって話してた資格が取れたよ」といったように、堂々と、それでいてあっさりと伝えることが大切です。

去るものは追わない余裕で相手の焦りを引き出す

“自分自身にポジティブな変化があったときに送るメール”でおぼえておきたいポイント二つ目は、“去るものは追わない余裕で相手の焦りを引き出す”というものです。

復縁を目指して用意したメールによく見られがちなのが、この機を逃すまいと意気込むあまり必死さや媚びが前面に出た文面です。ところがこれは、完全なる悪手といっても過言ではありません。自分を手に入れようとがむしゃらに追いかけてくる人物を、人は無意識に“価値の低い人物”とみなすもの。これでは、せっかくあなたが手に入れた“ポジティブな変化”も無意味なものとなってしまいます。

ここで必要なのは、本心はどうあれ、元恋人に「この人はもう本当に自分のことはどうでもいいのかもしれない」と感じさせることです。“追いかけてくる人物を価値の低い相手”とみなすのに対し、“去ってゆく人物を価値の高い相手”とみなすのが人間です。心の余裕を演出することで相手の焦りを引き出し、あなたとの復縁へとつなげていきましょう。

CASE2:共通の知人に大きな変化があったとき

次にご紹介するのは、“共通の知人に大きな変化があったときに送るメール”です。

これはたとえば、

「〇〇さんが結婚するってもう聞いた?」

「△△くんが引っ越すって聞いたんだけど、どこにいくか知ってる?」

といったもの。話題の中心がお互いのことではないぶん、別れ際が険悪だったふたりでも自然なやりとりができる可能性の高い方法といえるでしょう。

もちろん、共通の知人の話でおわってしまっては勇気を出してメールを送る意味がありません。そこからどう話題をつなげていくのか、どのようにして相手にあなたとの復縁を考えさせるのか…以下そのポイントをお伝えしていきましょう。

共通の知人の話からふたりの思い出話につなげる

共通の知人の話題から自然な形でふたりの話題へとつなげる方法の中で、もっとも挑戦しやすいのが、“思い出話を利用する”というものです。

メールの本題に登場した共通の知人は、そもそもあなたと元恋人との共通の知人なのですから、そこからふたりの思い出話にもっていくのは決して難しいことではないはずです。趣味を通じた共通の知人であるのならその趣味の話を。職場での共通の知人であるのなら職場の話を。いくらでも話題は見つかることでしょう。

ふたりの思い出話は、いうなればあなたと元恋人が共同で所有する財産のようなもの。その扉を開くことは、すなわち相手の心の扉を開くことにほかなりません。ふたりの思い出話に話題をもっていくことで相手の警戒心を解き、さりげなく復縁へと誘導していきましょう。

「本当はこうしたかった」という思いを明るく伝える

では、メール内でふたりの思い出話に触れた段階から、どのようにして相手にあなたとの復縁を考えさせるのかについてお伝えしていきましょう。

その方法とは、いたってシンプル。「あのとき、本当はこうしたかった」というあなたの後悔を素直に伝えることです。

復縁を望むあなたの心の奥には、「あそこでああしておけば別れずにすんだかもしれない」「あんなことをいうんじゃなかった」など、元恋人に対するたくさんの後悔や自責の念が秘められていることでしょう。かつて伝えられなかった本当の思いを、いまここで伝えてしまうのです。

とはいえ、あくまでもこれは共通の知人の話題にかこつけたメール。深刻になりすぎたり、あまりに切実な文章にする必要はありません。ただ、それを読んだ元恋人に「あの人、本当は悪かったって思ってたんだ」と感じさせることができさえすればそれで十分。

「自分も意地になりすぎたかな」「あの人のこと誤解してたかな」と、元恋人が抱くあなたに対するネガティブな感情をポジティブなものへと上書きすることで、いよいよ復縁が現実味をおびたものとなってゆくのです。

CASE3:ふたりだけの特別な記念日

最後にご紹介するのが、“ふたりだけの特別な記念日に送るメール”です。

ふたりが出会った日。はじめてデートをした日。付き合いだした日…。そんなふたりだけの記念日というのは決して少なくないはずです。

そんな記念日を利用してメールを送るというのは、今回ご紹介する三つのケースの中でも圧倒的な「復縁したい」というメッセージ性をもつ方法になります。ある意味、“メールでしか連絡が取れない”、“別れの際、あまりに悪印象を与えすぎて直接話をすることは不可能”といった場合に限って用いるべき最終手段といえるでしょう。

思い出話の中で自分が感じる相手の魅力を改めて伝える

復縁を念頭にふたりだけの特別な記念日にメールを送るのであれば、ぜひ実践してほしいのが“記念日の思い出話の中で自分が感じる相手の魅力を改めて伝える”という方法です。

あなたが復縁のきっかけにメールを送る日として選んだふたりだけの特別な記念日は、きっと忘れられないステキな記憶に彩られたものであることでしょう。そのときあなたが感じた元恋人の魅力について、メールの中でストレートに伝えてみるのです。

たとえ気恥ずかしさが先立ってしまい直接は口にすることができないような言葉だったとしても、メールであればそれほど気負わず伝えることができるはず。たとえそれが別れた恋人からのものだったとしても、まっすぐな愛情から生まれた言葉たちはきっと相手の心を大きく動かしてくれることでしょう。

未来の記念日に一緒にいられないさみしさをほのめかす

ふたりだけの特別な記念日に送るメールの中で、もうひとつ押さえておきたいポイントは、“未来の記念日に一緒にいられないさみしさをほのめかす”というものです。

あなたにとって印象深いふたりだけの特別な記念日は、きっと元恋人にとっても同様に忘れられない思い出となっていることでしょう。ここでは、これから先毎年巡ってくるはずの忘れられない特別な記念日を、もう一緒に過ごすことができないことについてあなたがとてもさみしく思っていることをそれとなく表現してみましょう。

ふたりの別れ方がどのようなものであったとしても、多かれ少なかれ元恋人も同様の思いを抱えているはずです。その感情をじょうずに刺激することで、あなたとの復縁に対する前向きな気持ちを相手の心に芽生えさせるのです。

無理に綺麗な言葉を選ぶ必要はありません。あなたのありのままの思いこそ、もっとも元恋人の感情を強く揺さぶるものなのですから。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、“復縁のきっかけになるメール”をテーマに、もっとも効果的なタイミングや内容について3つのケース別にご紹介してきました。

恋愛は、ふたりの考え方や行動によってたどり着く結末がいかようにも変わってゆくものではありますが、そんな中にあっても、“ほとんどの人物に共通する思考パターン”というものが必ず存在しています。

今回お届けしたのは、そんな“ほとんどの人物に共通する思考パターン”を利用した、シンプルでありながら非常に効果的な方法です。きっと相手の心をあなたとの復縁に向けさせるためのこの上ないきっかけとなることでしょう。

ぜひ今回の記事を参考に、忘れられない恋人へのメールを用意してみてください。あなたの思いが報われる日はもうすぐそこなのかもしれません。