メール・LINE・デートテクニック

彼が浮気した時の対処法とは?とるべき行動・とってはいけない行動

浮気をする人には少なからず何か問題があります。そして彼が浮気をしてしまったのは、あなたの落ち度ではありません。だからそんな男とは別れてしまったほうが良いでしょう!…などと言ってしまったらこのコラムの意味がありませんね。

今回はその問題に対処する方法を紹介します。これには今後の彼の浮気を防止する効果も兼ねてあります。

あなたが優位であり彼が不利な立場である!

浮気をしてしまった時点で悪いのは彼です。どう開き直ろうが、あなたの非を挙げて責めようが、それだけはひっくり返すことができません。そして自分の浮気について正当化しようとすればするほどそれは自分の首を絞めることになるだけです。既に彼は不利な状況です。だからあなたは落ち着いて毅然とした態度で対処すれば良いだけです。

ここであなたは彼よりも有利な立場にあることも留意しておくべきです。浮気されたことでショックを受けたり、自己嫌悪に陥ってしまう気持ちは良くわかります。しかし、それよりは今の有利な状況をどう活かすか、そしてこれを機に良い関係を続けていくためにはどうすべきか考えていくことの方が建設的でしょう。その方法をここで考えていきましょう。

彼に対してはどんな感情表現をすると効果的?注意すべきこととは?

人間には喜怒哀楽の感情があることはもちろんよく聞くと思います。これらの感情にはそれぞれ重要な役割があります。よく怒と哀はネガティブな感情だからいらない、などと言うかたもいますが、本当にいらないものであるならば、進化論的に考えて、そのような感情は退化して無くなってしまっているでしょう。

つまり怒や哀にも使い方があるのです。その使い方や注意点について紹介していきます。

彼を非難したり自分の怒りを正当化してぶつけてはいけない!

「人を裁くな、人から裁きを受けるのが嫌ならば」、これはリンカーンが残した名言でもあります。人に憎しみの感情をぶつけてもそれは更なる憎しみしか生まないことを彼はよく理解していたのでしょう。

人には他人の感情に同調する習性があります。そのため他人から怒りの感情をぶつけられるとそれに同調して怒りの感情を引き出してしまうということです。これは感受性が豊かな人ほど強い能力です。子供でも怒りをぶつけられるとそれに呼応して感情的になる子は実は素直で良い子であるものなのです。

怒りは人にぶつけると必ず後悔を生む結果にしかなりません。もし怒りを利用したいのであれば、人にぶつけるのではなく、課題を解決するほうに目を向けた方が良いでしょう。怒りを感じると力がみなぎる感覚がするのを体験したことがあると思います。

怒りには爆発的な課題解決力を生む効果があります。その感情を持ったまま、大変な仕事にとりかかったほうが建設的です。もちろん今回の浮気問題をどう解決してやろうか、綿密な計画を練るためにも利用して良いでしょう。

伝えるならば悲しみの気持ちにすると効果的

あなたがもし怒りを感じているとすれば、それは彼に自分の気持ちを裏切られたことに対する悲しみが根底にあるもののはずです。怒りは2次的な感情だとも言われています。

悲しみには公平で冷静な判断を引き出す効果があります。つまり悲しみを感じるときには自己を省みることができるため、反省しやすくなります。

そのため、浮気されたことについて、怒りではなく悲しみの気持ちを彼に伝えることによって、彼はその感情に同調して悲しい気持ちになります。すると、自分の行動を振り返って反省するようになります。

相手に反省して欲しいときや、罪悪感を感じて欲しいのであれば悲しみの感情を伝えましょう。万が一彼があなたに同調せずに悲しみの気持ちを感じないとするならば共感能力が欠如している可能性があります。そのような人は自分のために他人の気持ちをないがしろにすることをまったくいとわないため、付き合うと危険なので離れた方が良いかもしれません。

相手によって注意が必要ですが逆に謝ってみても効果的です

悪いのは彼のほうです。何かしら後ろめたい気持ちもあることでしょう。言い訳や弁解のセリフなども考えてどうやって謝ろうか模索している最中、逆にあなたに頭を下げられたら間違いなく面食らうでしょう。

「ごめんなさい。あなたが不満に思うことがあっても無理はないよね。私は彼女ほど魅力が無いし。」など、自責の言葉を投げかけることにより、彼は釣り合いを取るためにあなたに対するポジティブな言葉を返して歩み寄りの姿勢を表すでしょう。

もし彼が「そうだ。お前が悪い」など攻撃的な言葉を投げかけてきた場合はDV傾向が非常に強い、独裁者タイプの人です。運悪く相手がそんな人物だった場合には、彼の言葉には耳を傾けず、さり気なく距離をとるようにしましょう。

この章では主に彼を更生する方法とともに危険人物を見分ける方法を紹介しました。良い恋愛をするために是非とも参考にして欲しいです。

あなた自身の詮索で話を勝手に進めてはいけない!

彼の浮気が発覚したときによくあることとして、彼女が根掘り葉掘り証拠集めをして、それを使って彼を問い詰めることがあります。このときに危険なことはその証拠から関連付けて彼の人間否定の嵐で攻撃することです。女性はひとつの事柄から色々なことに関連付けを行える幅広い発想力がありますが、この場合はそれが仇になります。

特に男性が言われて困ることは過去の話を引き合いに出して行う訴求処罰のような責めです。男性の頭は過去を振り返られるようにはできていません。

だから「あなたっていつもそう!この前も同じようなことをやった!」など言われても、「この前っていつ?」となります。また、詮索された話をされることで何よりも束縛されているように感じてしまうため、これではやり直したいとは到底思ってはくれないでしょう。

彼を疑心暗鬼に陥らせることで完全にコントロールできる!その方法とは?

人間にとって最も怖いものは未知のことです。解らないものには関わらないようにすることによって生存率を上げる生き残り戦略として、未知のものに必要以上に恐怖を感じるようにできているのです。会社の文句ばかり言っているくせに思い切って起業するような人がほとんどいないのはこのためです。

そのため疑心暗鬼に陥ってしまうと自分本位で動けなくなってしまいます。そうなれば完全にあなたのペースに持っていくことができます。

浮気がばれていることを彼にあえて言わないようにする

もう証拠は揃っている、彼自身も自爆してしまい、もう浮気がばれていることは確定だろう。そんな状況になったとしてもあえて彼に浮気していることを問い詰めたり、自分はすべてを知っていると告知しないようにしてみましょう。

あなたが彼の浮気に本当に気付いているのか?気付かないふりをしているのか?怒っているのか?呆れているのか?彼の頭の中は「?」だらけになってしまい、完全に疑心暗鬼状態になってしまいます。このようにわからないことだらけになってしまうと、今置かれている状況が実際よりも悪いものに囚われてしまいます。

そのため、消極的な行動しかとれなくなってしまい、あなたの機嫌も窺わざるを得なくなってしまいます。だからあなたの要求を受け入れやすくなり、あなたからの影響を受けやすくなります。

誘導尋問に引っかけておいてあえて追求しない

方法は簡単です。たとえばあなたは女友達から、彼が夜の新宿で別の女性と親密な雰囲気でホテル街を歩いていた、という話を聞いたとします。そしたら彼には「そういえば、昨日の夜、○○ちゃんがあなたを新宿で見かけたって言ってたよ」とだけ言います。あとは黙って彼をじっと凝視していてください。

特に後ろめたいことがなければ、「ああ、昨日は○○と会って軽く飲んでたんだよ」と手短にラリーを返します。一応ひとこと返事を返した後もしばらく沈黙を続けてみましょう。

後ろめたいことがある場合には「え?見かけたって新宿のどこで?」など内容に必死になって食いついたり、沈黙に耐え切れずに「ちょっと映画見てきたんだよ」など要らないことを言って自爆します。この場合「なんで新宿の映画?あなたの家からなら○○のほうが近くない?」くらいなら突っ込んでも良いでしょう。あえて深く追求しないところがコツです。

また、彼が答えを返したタイミングで興味なさそうに合わせていた視線を外すことも効果的です。この場合、相手が真実を語っている場合ならば、「おい!聞けよ!」と言わんばかりに口調を強めて同じことを繰り返し言います。もし嘘を言ったときには自分の発言に自信を無くし、しどろもどろになりながら別の話を始めます。

相手が誘導尋問に引っかかったならば、「ふーん、」、「へぇー、」とあえて追求しないでスルーしましょう。疑心暗鬼にさせることで相手の逆ギレも未然に防ぐことができます。相手は弱気になりますので、あなたが有利になります。

浮気を責めない代わりにちょっと大変な頼みごとをする

彼がボロを出したところであえてそれを追求しないようにしてみましょう。すると彼は「浮気がばれてるよな?それで今怒っているのかな?」など疑心暗鬼になります。このときに要求を出すと受け入れやすくなります。怒っているのか心配なので、あなたの機嫌を直そうとどうしても考えてしまいます。

このときにはちょっと大変な頼みごとをしてみると良いでしょう。「あなたのセンスで○○買ってきて」などでも良いかもしれません。彼からしたら、あなたが喜んでくれるかどうか分からないので不安ですが、やるしかありません。

そして彼があなたの要求に応えてくれたならば、彼に感謝の気持ちを表してあげましょう。不安と期待が入り混じる状態のときにはドーパミンという快楽を感じさせるホルモンが多量に分泌されて快感を感じてしまいます。ギャンブルにのめり込む原理はこれです。

つまり彼が疑心暗鬼になっているときに頼みごとをすることで、彼女が怒っているのではないかという不安と、もしかしたらこれで機嫌を直してくれるかもしれないという期待が入り混じる状態になるので、ドーパミンが多量に分泌されます。そして感謝の言葉をもらうことで快感を感じてしまい、あなたに尽くすことに喜びすら感じてしまうようになってしまいます。

実際に浮気性の男性を構成する方法もこの原理を活用しています。彼が浮気をしたときにはチャンスと考えてみてください。

まとめ

カップルの仲に亀裂が生じる原因は、男性が深刻な問題を起こしたときではなく、男性が自分のしでかしたことを軽視してしまったときに生じる男女の温度差が主な原因と言われています。だから彼が浮気したにもかかわらず平然とあなたと一緒にいることには相当腹が立つと思います。

もし、ここで彼との関係を終わりにしたいのであれば、彼の浮気を追及してしまえば終わりにすることもできます。そうではなく、彼を更生して今後はもっと良い付き合いをしていきたいと思うのであれば、あなたがあえて飲み込んであげて、彼に今回の件を深刻に受け止めてもらうことで、良い関係に修復することもできます。

やはり、自制心を利かせて毅然とした態度で対応することが何事においても大事になるということでしょう。

参考文献

「とっても怖い心理学 相手の隠し事を丸ハダカにする方法」(ダイヤモンド社)デビッド・J・リーバーマン博士