メール・LINE・デートテクニック

元彼とメールで復縁する秘訣とは?知っておきたい男心と注意点を紹介

元カレと復縁したいけどどんな内容のメールを送っていいか分からない、そんな時これだけは守ってほしいという方法を紹介していきます。

元彼へのメールはしつこくしないことが復縁の近道

まず一番に守ってほしいのは、決してしつこくしないことです。以前は彼女だったとしても、現在は元カノなのでいわば友人や知人と同じです。

返信を求めるメールを何度もしてしまうことは絶対に禁物です。もし復縁を考えているなら、最初に送ったメールがかなり重要になってきます。

どうしても元彼のことが気になるなら勇気を出して一度メールを送ってみましょう。

ではどのような内容の文章を送ればいいのか、これは別れ方や別れていた期間によって内容は異なって来ます。

喧嘩別れした場合に送るべきメール

喧嘩別れなどで最近別れてしまった場合に送るメールは、「謝罪のメール」です。

どちらが原因にせよ、自分にも悪いところがあったという反省の気持ちを書いて送ると良いでしょう。あの時は言いすぎてしまってごめんなさいなど切実な気持ちを文にして送ってください。

難しいのは別れてから時間がたっている場合です。喧嘩別れなど嫌な別れ方でなかったなら、「相談メール」をしてみましょう。軽い感じで送ってください。

馴れ馴れしすぎると逆効果になってしまうので、あくまで友達に気軽に相談するような感じの文面のほうが良いでしょう。

相談といって口実をつくり約束を取り付けられれば、少し復縁の可能性も出てくるので頑張ってみてください。

自然消滅やすれ違いが原因の場合は、軽い感じで「久しぶり、元気?」など様子を探るメールが良いでしょう。

自然消滅の場合はこれがキッカケでメールが続くかもしれませんし、すれ違いが原因の場合は少し反省の文を入れておくと良いかもしれません。

なぜすれ違ってしまったか自分がどう思っているかを相手が知ることで、また新しい関係を築くことができる可能性が広がります。

男性は追いかけたい生き物

注意してほしいのが最初にも書いたとおり、あまりしつこくしないで下さい。最初にメールを送って返事がない場合は、きっぱりと諦めたほうが良いでしょう。

男性は追われるよりも、追いかける生き物です。しつこくメールを送ってしまうと、男性の気持ちはどんどん離れていってしまうので注意して下さい。

逆に返信が来た場合は、即返さずに少し時間をおいてから送るなどがベタな方法ですが効果的です。少し素っ気ないくらいが、相手も気になって追いかけたい気持ちになるのです。

まとめ

復縁メールにおける重要なポイントです。一番大切なのは、自分がされたら嫌なことは相手にしないことです。自分が元彼からしつこいメールをもらったら嫌な気持ちになると思います。

自分がこんなメールが来たら気になる、メールの返信をしたくなるような文面を送ってみて下さい。自分の素直な気持ちをメールに書いてみるのも良いでしょう。

しつこくしない、返信を求めない、追いかけすぎないこれらをきちんと守って、少し勇気を出してメールしてみましょう。