冷却期間の基本

メリットばかりではない!恋人との「冷却期間」で後悔することとは

恋人と別れてしまってすぐは、どうしても感情的になってしまっています。どうしても別れたくないと思っても、一旦はお互いに冷静になるために距離を少し置くことが有効です。

しかし、必ずしも距離を置いたからといって復縁できるわけではありません。なかには距離を置く「冷却期間」を設けて逆に後悔している人ももちろんいます。

では、冷却期間を持つことで後悔する場合は、一体どのようなことなのでしょうか。

相手がすぐに新しい恋人を見つける

これはとても悲しいことですが、どうすることもできません。特に別れるまでに時間がかかってしまったりしている場合、付き合っているときから恋人が他の異性に惹かれていき、別れてすぐに他の人と付き合うということも少なくはありません。

その場合、いくら冷却期間を置いていてもどうしようもできない場合が多いでしょう。新しい恋人がよっぽどしっくりこない場合は別ですが…。

冷却期間中は、他の人との恋愛を制限できる権利もありません。

冷却期間中も関係を続けてしまう

別れるときに相手にすがってしまった場合、相手に舐められてしまうこともあります。

そんなとき、別れて冷却期間中にも関わらず、相手の都合のいいときに連絡が来たり、会いに来られたりと、ダラダラとした関係を続けてしまうこともあります。

これだと冷却期間を設けた意味がありません。都合のいい存在になってしまい、もう一度恋人として見てもらうことが難しくなってしまうこともあるかもしれません。

いくら好きだからといっても、冷却期間中はきっぱりと関係を絶つことがおすすめです。

その分久しぶりに再会したときに、改めて存在の大きさに気が付いてもらえることもあるのです。相手の都合のいい存在になってしまうことだけは、避けたいものです。

冷却期間中に元恋人の気持ちが変わってしまう

他に好きな人ができたわけでもなく、新しい恋人ができたわけでもない。しかし、やっぱり復縁する気持ちには至らなかったということもあります。

相手が恋愛よりも将来のこと、仕事のこと、勉強のことなど、他のことに関心を持ってしまう場合ももちろんあるのです。

その場合は、自分の時間を自由に好きなように使うことができるために、「今は恋愛はいい」という気持ちに変わってしまうのです。

冷却期間を設けたことで、ひとりの時間が増え、その時間を楽しく思ってしまうのです。

「ひとりの方が楽」という意見も少なくありません。今までは恋愛に気持ちが向いていても、そうなるとまた恋愛モードに持っていくことは困難になるでしょう。

まとめ

メリハリを付けたり、お互いの存在の大切さを再確認するために、復縁のための冷却期間はとても大切です。

しかし、やはり人の心は移ろいやすいもの。冷却期間中も日々の生活のなかで次々に気持ちが変わっていきます。

冷却期間中を置くことのメリットはもちろん、デメリットにもしっかりと目を向けておくことが大切です。

元恋人の性格では冷却期間は必要かを見極めることが重要になります。