冷却期間の基本

別れた恋人とよりを戻すのに冷却期間は必要?どれぐらい空けるべき?

別れた恋人とよりを戻したい……それなら、なぜ、別れたの?って言われてしまいそうですが、なかなか、思うようにいかないのが人生かなって感じます。

別れて気づく、別れなければわからなかった元恋人のいいところ。

元恋人の良さを再認識してよりを戻すと心に決めたのはいいんですが、そのためには冷却期間が必要というのが定説です。

一刻も早くよりを戻したくて仕方がないけれど、冷却期間をおいた方が復縁の成功率が高いらしいから、従おうしかない考えているあなたになぜ、冷却期間が必要なのかをお教えいたしましょう。

そして、冷却期間はどれぐらい空けるのがいいのでしょうか?

なぜ、元恋人とよりを戻すのに冷却期間が必要とどのカウンセラーも言うの?

ほとんどのカウンセラーが復縁には冷却期間が必要と言います。それはなぜでしょうか?

冷却期間をもうけることで復縁をより実現しやすくなる理由は、別れる前の互いの気まづかった関係を記憶の彼方に追いやることができるからです。

人間は基本、忘れる生き物です。「忘れる」ということはデメリットに働く時もあれば、メリットに働くときもあります、復縁の冷却期間はどちらかというと、「忘れる」をメリットに活かしています。

元恋人にあなたのマイナスポイントを払拭してもらおう

別れ間際に、あるいはしょっちゅう喧嘩していた頃のあなたばかりを元恋人に見せていたのであれば、この冷却期間はむしろチャンスだと思って大いに活用すべきです。

元恋人が頭に浮かべている別れる前後のあなたの印象は、決していいものではありません。元恋人が付き合いたい、何とか手に入れたいと思ったあなたではなくなっています。

元恋人の頭の中をあなたが欲しいと思っていた頃に戻すのはそう、簡単なことではありません。しばらくの期間が必要です。

でも、あなたとの楽しかった時間もたくさんあったのなら、その時間を元恋人が思い出し始める時がやってくることを期待する期間でもあります。

あなたもそうでしょう。冷却期間の間に別れ際の時の元恋人の厳しい表情は薄れていき、どんどん、過去に遡ってつきあい始めた頃の元恋人の優しい表情を思い出し始めるに違いません。

あなたの別れ際のマイナスポイントを払拭してもらうためにも、冷却期間をぜひ、もうけましょう。

冷却期間中に連絡を取りたくなったら?

冷却期間は絶対に必要とわかっていてもなかなか、理想を押し通すことが難しい時があります。寂しくなった時、または何か失敗でもして落ち込んだ時、元恋人の声が聞きたくなることがあります。

「ちょっとだけ、彼の声を聞いたら落ち着くんだけどな」と思ってたとえば、電話で連絡を取ってしまった場合、毎日のように聞いていた元恋人の声をしばらくぶりに聞き、「ちょっとだけ」で終わりますか?

そう簡単には終らないのではないでしょうか?

冷却期間中の連絡は我慢すべき男性の心理を理解しよう

苦しいでしょうが、冷却期間中の連絡は、控えた方がいいでしょう。

もしかすると、あなたが元恋人と連絡がとりたくて悶々としている時、元恋人は一人になった自由を満喫しているかもしれません。

そう、あなたがこんなに苦しんでいるのに…。だからといって、元恋人に腹を立てるのは筋違いです。

男性には、女性とは違う男性特有の心理があります。

まず、男性は女性以上に自由を求めたがります。

従って、元恋人は傷つき、あるいはあなたを傷付けて別れた、どちらにしても久しぶりに1人の自由を満喫したいという気持ちが、あなたとの恋愛云々とは別に湧き出てきます。

さしむき、あなたのことは、横に置いておいて仕事や趣味に熱中することでしょう。たとえば、今まではあなたと退社後に出会うため、退社時間を常に気にしていたけれど、1人になった今、時間を気にせずに仕事に集中できる充実感に浸っていることでしょう。

男性の心は女性以上に仕事のウエイトが高いので仕事ができる男性ほど、別れた後の仕事への入れ込みは強くなります。

ただ、人間の心はいつも同じではありません。元恋人は一通りの自由を満喫すると、少し過去を振り返り、あなたのことを思い出すようになります。この時、思い出すあなたの顔は別れ際ではなく、つきあい始めた頃の初々しいあなたの顔やしぐさなんです。

そして、出会いの時の印象が良ければ良いほど、あなたを懐かしみ、恋しくなることでしょう。

冷却期間にここまで元恋人の気持が変遷してくれるのを期待するのです。

よりを戻すための冷却期間の長さは元恋人との別れ方によって違う?

冷却期間は半年が標準と言われていますが、冷却期間の長さはどういう形で別れたのかということがすごい影響してきます。

お互い激しい喧嘩別れをした場合、どちらかが浮気したため、あるいは束縛が強すぎることに耐えられなくなって別れたなど、色々な別れ方があります。

たとえば、元恋人の浮気が原因で別れ、その後、元恋人が新恋人ともすぐに別れた場合、半年も冷却期間をおくと、浮気性な男性は寂しがり屋の可能性が高いため、すぐに違う新恋人を作ってしまう可能性があります。

また、激しい喧嘩をした後であれば、熾烈な戦いをしたことを忘れるぐらいの冷却期間は必要です。

「もう、顔も見たくない」と別れたからといって冷却期間が長い方がいいとは限らない

「顔も見たくない」という言葉は言われる側からすれば、かなり落ち込む言葉ですよね。特に顔や容姿に自信がない人だと、「どうせ、私はブスよ」とひねくれて益々、元恋人からウザったい人間に思われてしまいます。

そこで、優しかった元恋人に「顔も見たくない」と言わせてしまった原因を考える必要があります。

いつもベッタリして自由を元恋人に与えなかったために、元恋人が「顔も見たくない」と言ったとします。そのため、別れた後、元恋人は一人になって自由を満喫するとあなたは考えるでしょう。

しかし、うるさくても、常に自分の傍にいた女性が突然、いなくなるとすごい空虚感を覚えるものなのです。

毎日、連絡がきて、面倒くさいと思っていたのに突然、その連絡が途絶えると、今度は面倒くさいどころか連絡がこないことが気になってくるものですが、それと同じなんですね。

束縛が強過ぎて「顔も見たくない」と別れたつもりだったのに、自分にイソギンチャクのようにくっついていた女性が気になって仕方がなく、元恋人のほうから冷却期間中にでも連絡がくる可能性が出てきます。

これは一例ですが、あまりに冷却期間の長さに拘りすぎてもチャンスを逃すこともあるということを知っておいてください。

そして、たくさんの恋愛小説を読み、ケースバイケースの恋愛の形を疑似体験することで、冷却期間の最適な長さがわかってくるはずです。

冷却期間にボーっとしていては絶対に勿体ない!では、何をすればいい?

冷却期間は別れや時のマイナスポイントを払拭するために、イメチェンをする最適な期間です。

復縁をすると決めたら、素早く取り掛かりましょう、ダイエットをするにしても数日で実施するのは無理というより、体調を悪くします。それでは全く意味がありません。

また、外面だけでなく、内面も磨くと、見た目の美しさがさらに際立ってきます。外面や内面磨きは万が一、復縁が叶わなくても、新しい恋愛にも役立つこと間違いなしです。

復縁の準備をする前にしっかりと一人遊びを堪能しておくべき

元恋人は復縁を考えているかどうかはわかりませんが、1人遊びを満喫している可能性が大ですから、あなたも負けずに一人遊びを充実させましょう。

復縁するのになぜ、1人遊びが必要なのでしょうか?

それは、特に女性は自分で決められない、いつも元恋人に依存している傾向が強い人が多く、それを改善するためです。

依存が強すぎると、元恋人の気を重くしてしまいます。たとえ、そうではなくてもしっかりと1人遊びの楽しさを味わっておくことで復縁後、恋人を束縛しすぎない、ゆる加減を体得することができます。対等で人生歩んでいく方が気も楽、楽しさも倍増します。

カフェ程度であれば、1人で入ってみる、一人旅の計画、そして、習い事を始めてみるのもいいでしょう。

自分を忙しくすることは、冷却期間をうまく乗り切る秘訣でもあります。

冷却期間の終了は何が決め手になる?

冷却期間の終了は別れた原因を客観的で分析し、反省点をしっかり把握できているかどうかが一番の決め手です。

冷却期間を有意義に過ごしながら、別れた当初よりも気持ちが落ち着き、再会しても当時を引きずらずに話ができる自信がつけば、冷却期間を終了とし、元恋人に連絡する準備をしましょう。

メールか電話か、連絡の手段は元恋人の性格や仕事の状況など、自分が知っている情報を元に決めます。連絡の時間帯は、電話にしてもメールにしても深夜は絶対にNGです。

自分に自信がついたと認識できた時今度は積極的に!

以前、付き合っていたということは忘れてしまったぐらいの感覚でメール、電話をします。

今の自分の状況、前向きな自分を元恋人に、まずは感じてもらいます。

すぐに、過去の反省を口にしないからと言って反省していないのではなく、とりあえず冷却期間後の初めての連絡は会っていなかった数カ月間,何をしていたかを中心に話すといいでしょう。

そして、前向きで明るくなったあなたを感じてもらうのです。

元恋人に謝りたいことがあるのなら、前向きなあなたを感じてもらった後で「あの時はごめんなさい」と湿っぽくならずに。もう二度と同じ過ちを繰り返さないという思いをこめて……。

元恋人からも「俺も悪かった」と一言があれば最高。

過去の話はこれだけで終わりにし、後は現況と未来の話をしましょう。

まとめ

冷却期間が必要といってもとりすぎると、元恋人は新しい恋人を作ってしまうのではという思いに駆られる人は少なくありません。

確かにそのリスクはあるんでしょう。でも、復縁したいからと別れてすぐに、復縁を迫って元恋人に益々、嫌われるリスクの方がそれ以上に高いことは明らかです。

そして、たとえ、元恋人に新恋人ができたからといって復縁ができないわけでもありません。

新恋人と別れる可能性もあり、待ってみることです。

今度こそ別れたくないという思いが強ければ強いほど、冷却期間の重要性を考える必要があります。

人間は興奮した時と平静の時、考えることが大きく違うものです。興奮して言いすぎちゃった、やり過ぎちゃったというのが別れの時。

冷静になってみれば、当時の行動は問題点だらけだったりします。その問題点を平静の時に分析して反省、次につなげるための期間が冷却期間と考えることで冷却期間の長さも自ずと決まってくるでしょう。