冷却期間の基本

職場が同じ場合の冷却期間の乗り越え方

職場が同じ場合の冷却期間は、気まずい状況であっても毎日顔を合わせなければならないため辛いものです。

忘れようにも忘れられず、距離を置いて気持ちの整理をつけるにも相手が気になって落ち着かないこともあるでしょう。

職場が同じ場合の冷却期間の乗り越え方についてお伝えします。

仕事に打ち込み、一生懸命な姿を見せる

冷却期間で気まずいからといって、ずっと暗く落ち込んでいては何も変化はないでしょう。

同じ職場だからこそ、相手に見せることのできる姿があります。冷却期間ではあるが、また辛い期間ではあるが、一生懸命仕事に前向きに打ち込む姿は格好よく尊敬できるものでしょう。

一生懸命仕事に励み、相手にやっぱりこの人は凄いと思わせることが、冷却期間にできる頑張りでもあると言えるでしょう。

仕事に集中して頑張っていると、自ずと良い方向に変化が現われたり、時間が経つのも早く感じて辛い気持ちを時間が解決してくれることもあるでしょう。

相手に明るくあいさつをする

職場で顔を合わせたときには、明るく元気にハキハキとあいさつをすると辛い気持ちも少しは吹き飛んでいくでしょう。

職場で顔を合わすのが気まずいからといって目をすぐそらしたり、言葉を交わすことさえ避けるような行動をとっていると、どんどん気持ちもマイナスの方に向き落ち込んでいくものです。

顔をまっすぐ上げて、相手の目をきちんとみてあいさつすることで、これから頑張れるような前向きな気持ちになれるでしょう。

相手を避けてばかりではなく正面から向き合うことで、相手も向き合おうとしてくれているのだと気持ちをくみ取りプラスの思考に変わる可能性も高まるでしょう。

笑顔でいること

冷却期間中に職場で相手と顔を合わすのは気まずいですが、職場では笑顔でいることを心がけると前向きな気持ちになれるでしょう。

付き合って仲が良かった頃、お互いの笑顔には魅力を感じていたはずです。笑顔でいることは、周りの人たちも笑顔にさせる力があります。

また、辛い時期に笑顔で頑張っている姿は、相手の心にも響くものがあるでしょう。笑顔でいることを心がけ、前向きに日々を頑張って進むことで気持ちに変化も現れるでしょう。

相手と復縁を望んでいる場合には、なおさら落ち込んでばかりではなく笑顔で前向きに頑張っている姿を相手に見せることも効果的でしょう。

まとめ

以上のように、職場が同じ場合の冷却期間はとても辛いものではありますが、職場で前向きな姿を相手に見せることで気持ちに変化が現われるでしょう。

ずっと落ち込んで下を向いたままでいては、ただの辛い期間で終わってしまいます。

前向きに仕事に取り組んだり、明るく笑顔で向き合って日々を頑張ることで、プラス思考で冷却期間を乗り越えることができるでしょう。

また、前向きな姿勢は、相手の目にも尊敬の対象や輝いて映っていることでしょう。前向きになれることで、お互いにもう一度しっかり向き合ったり、復縁できる可能性もまた広がっていくことが期待できます。