冷却期間の基本

冷却期間が逆効果?時間をおかないほうがいい状況とその理由

「復縁には冷却期間が必要」という恋愛指南を良く耳にしますが、実は冷却期間をおくことが逆効果になってしまうケースがあるのをご存知でしょうか?

冷却期間をおくのか、それとも必要がないのか?どちらが適しているかは、別れた時の状況や、お互いの距離感など、それぞれのカップルによって違ってくるのです。

今回は、別れた恋人と確実によりを戻したいとお考えの方のために、冷却期間をおかない方が上手くいくケースについてご紹介します。

復縁のための「冷却期間」とは?距離を置くことでよりを戻せる?

恋人とよりを戻すための冷却期間とは、一体どのような期間のことを言うのでしょうか?また、時間をおくことでどのような効果があるのでしょう。

冷却期間というのは、別れた後相手に出来る限り連絡をすることを控え、直接会って話すことを避けるべき「クールダウン」の期間のことを言います。

この期間中は相手と距離をおき、お互いに頭を冷やすことが大切であると言われています。

喧嘩別れをした直後や、お互いに傷付いた気持ちで別れた場合などは、一旦冷静になるべきだと考えられています。

時間をおき、心を落ち着けることで相手への気持ちが実感できたり、2人の関係を冷静に判断することができます。

また、一度離れることによって、寂しさや人恋しさを感じるため、復縁がしやすくなるということもあります。

普通の恋愛と復縁はアプローチ方法が異なる

恋愛においては、相手に好意を伝えることが大切ですよね。普通の恋愛であれば、好きな相手に積極的にアプローチをするのは当たり前の事です。

しかし、復縁に関しては違ったアプローチが必要になってくると言われています。

それは「気のない素振り」や「未練がない素振り」など、復縁する気がない様子を見せることです。

普通の恋愛であれば、好意を見せることで2人の距離が縮まり、親密になる可能性が高いです。

しかし復縁に関しては、一度別れを経験しているため、好意を見せることで相手が警戒してしまい、拒絶されてしまう事もあるのです。

このように、普通の恋愛と復縁では上手くいくアプローチが異なると言われています。

冷却期間をおいたり、気のない素振りを見せたりと、相手との距離感を上手くコントロールすることが復縁への近道だと言えるでしょう。

「冷却期間」が逆効果になるパターンも!時間をおかない方がいいケースは?

一般的に冷却期間が必要だと言われている復縁ですが、時間をおかない方がいいケースもあります。

冷却期間は、上記で説明したように一旦冷静になり、距離をおく期間です。また、復縁に関しては好意や未練のある態度を見せない事が成功に繋がると説明しました。

しかし、こういった復縁の定石とも言えるアプローチ方法が、逆効果になってしまう場合もあるのです。

今回は、そんな「冷却期間が逆効果になってしまうケース」に関してご紹介していきます。

復縁を成功させるためにも、自分の状況や相手の気持ちをしっかりと分析し、最善のアプローチができるようにしましょう。

自分から振った、相手が嫌悪感を持っていないケースは冷却期間が逆効果

冷却期間が逆効果になってしまうケースの一つに、あなたから振って別れ、相手が今もあなたに対して好意を抱いているというケースがあります。

このケースの場合は、積極的に連絡を取り、好意を示す方が上手くいく可能性が高いでしょう。

相手を振ったことで、一度失ってしまった信用を取り戻すという意味でも、しっかり誠意を見せるようにします。

相手はあなたに振られて傷ついているので、優しく愛情を示す行動を示し、時間をおかずにアプローチしましょう。

元々、相手があなたに嫌悪感を持っていないのであれば、信頼関係をもう一度築き上げれば心を開いてくれやすいでしょう。

冷却期間をおくことで相手の気持ちが冷めたり、タイミングを逃してしまうことになりますので、こういったケースの場合は時間をおいてしまうと逆効果です。

既に2人の距離が近付いているケースは、冷却期間よりも好意をチラ見せして!

もしもあなたの努力によって、既に2人の距離が近付きはじめている場合は、冷却期間が逆効果になってしまいます。

冷却期間はお互いに冷静になるための期間だと説明しましたが、既に2人が仲良く話せているのであれば冷却期間は必要ありません。

せっかく距離が近付いているのに、ここで引いてしまうと相手は「もう自分のことはどうでもいいのかな?」と不安になってしまいます。

せっかく縮めた距離が無駄になってしまうので、こういったケースは冷却期間はおかずに好意を徐々に見せていきましょう。

相手の興味を引きつつ、好意をチラ見せすることで、もう一度恋愛関係へと発展できる可能性が高まります。

急激に距離を縮めようとはせず、ゆっくり相手への好意をアピールしていくと上手くいくかもしれません。

好意を見せているのに相手が嫌がっていないケースは今すぐアプローチをしよう!

これは上記のケースとも重なる部分がありますが、あなたが好意を見せているのにも関わらず、相手が嫌がっていないというパターンです。

こういった状況で、相手が距離をおこうとしない場合や、向こうからも気持ちが感じられる場合などは、今すぐアプローチしてみましょう。

こちらが好意を見せても拒否しない場合や、親しくしている場合は、冷却期間が必要ないケースだと言えます。

冷却期間をおくと、相手への気持ちが薄らいでしまったのかと勘違いされてしまいますので、時間はおかずに積極的に好意を見せていきましょう。

相手にアプローチするだけでなく、自分磨きをしたり、相手から好かれる努力も忘れてはいけません。

こういったケースでは、相手も復縁を望んでる場合がありますので、別れた原因をなるべく改善できるようにすると、スムーズに復縁できるかもしれません。

相手から久々に連絡が来たケースで、時間をおいて返信するのは逆効果

別れたあと、自分から連絡をしなくても、相手から連絡が来た場合も冷却期間は逆効果になってしまうケースだと言えます。

せっかく相手からLINEやメールが来たのに、時間をおいて返信するのは復縁を望んでいるのなら絶対にNGです。

向こうから連絡が来たら、素直に即返信するようにしましょう。

相手が連絡をしてきたという事は、何か心境の変化があったか、あなたに興味があるからかもしれません。

そういった時に時間をあけてしまうと、せっかくのチャンスを逃すことになってしまいます。

駆け引きしたり、消極的になってしまうのは逆効果ですので、明るい気持ちで返信をしてみましょう。

向こうからの連絡が一言だけだったとしても、あなたを気にかけてくれている証拠ですので、チャンスを生かすようにしてくださいね。

別れ方が穏やかで、既に友達として良い関係を築いているなら冷却期間は必要なし!

円満に別れた上で、お互いが友達のように接することができるような場合は、冷却期間は必要ありません。

むしろ、こういった状況の時に距離をおいてしまうと、お互いがいない時間に慣れてしまい、恋人関係に戻ることが難しくなってしまいます。

一生友人のままか、もしくはそのままフェードアウト…という事にもなりかねないので、冷却期間をおくことは逆効果でしょう。

友達として良い関係が築けているのであれば、時間はおかずに親密度を深めていきましょう。

そばにいると居心地のいい存在になってしまえば、復縁のためにアプローチがしやすくなります。

信頼関係を築きつつ「この人だけは自分のことを理解してくれる」といった印象を相手に与えることが大切です。

相手が新しい恋人と上手くいっていないなら、チャンスだと思おう!

相手に新しい恋人ができたり、新しく好きな人が出来てしまった場合はショックですよね。

相手に恋人ができた時は嫉妬してしまい苦しいかもしれませんが、時が来るまで相手のそばで耐えるようにしましょう。

もしも、相手の恋が上手くいかなかったり、相手が振られてしまったなら、それが大きなチャンス到来の合図です。

相手が振られたり、今の恋人と上手くいっていない事を知ったら、冷却期間はおかずにすぐにでもアプローチをしてみましょう。

恋愛が上手くいっていないという不安定な状況の時に、頼りになる存在、優しくしてくれる存在として相手にアピールします。

いきなり復縁を迫るのではなく、相手の相談に乗る姿勢を見せ、話を聞いてあげることが大切です。

こういった状況の時は、自分の魅力をアピールしやすいチャンスでもありますので、冷却期間は逆効果になってしまいます。

早めに相手に近付き、復縁するために動いてみましょう。相談に乗ってくれて、話を聞いてくれるあなたの存在を、相手は理解者として信頼してくれるはずです。

そして、自分を理解してくれるあなたに対して、安心感と魅力を感じるでしょう。

大切なのは状況を見極めること!相手と自分の距離感を把握して復縁を叶えよう!

冷却期間をおくべきかどうかは、自分たちがどのような距離感にあるのか、またどんな気持ちでいるのかをしっかり把握しておくことが大切です。

例えば、喧嘩別れをしたばかりの時や、相手から別れを切り出されて別れた後などは、お互いに感情的になっています。

そういった時に「もう一度やり直したい!」としつこく連絡しては、相手はうんざりしてしまいます。

復縁の道も険しくなっていく一方でしょう。もしかしたら、好かれるどころか、嫌われてしまう可能性すらあります。

こういった時は、一旦冷静になるためにも冷却期間をおくことが必要だとわかります。

逆に、向こうが明らかに好意を見せてくれているのに、こちらが距離をおいてしまっては相手を悲しませ、身を引かせることになってしまいます。

こういった場合は、冷却期間などは気にせず、すぐにでもアプローチをするべきでしょう。

このように、冷却期間が必要かどうかは、状況をしっかりと見極めて判断することが重要だと言えます。

まとめ

恋人と復縁したい!と思った時は、どうしても早く元の関係に戻りたいと躍起になってしまうものです。

相手を他の人にとられる前に自分のものにしたいという気持ちや、好きだからこそ焦ってしまう気持ちもあるでしょう。

しかし、復縁を成功させたいのであれば、急ぐことは禁物です。また、急ぐべきではないからと言って、自然の流れに任せるのもおすすめできません。

冷却期間をおかなくても良い場合は、好意の見せ方や距離の縮め方をよく考えてみてください。

そして、相手の気持ちや、自分たちの状況をよく把握して、効果的に恋の駆け引きが出来るようにしましょう。

冷却期間を必要としない場合は、復縁の成功率が高い状態ですので、しっかりと段階を踏んで、相手にアプローチをしてみてくださいね。