冷却期間の基本

冷却期間中に電話がきたらどうする?

冷却期間中は相手の事を客観的に分析してみよう

恋愛には障害はつきもの。彼氏とずっとうまく付き合っていても、ひょんなことから関係がギクシャクしてしまって冷却期間を置いた経験がある人も多いのではないでしょうか。

冷却期間中は、好きな時にLINEをしたり電話をしたり、彼のアパートにサプライズ訪問!ってこともやっていたことを、一旦やめてお互いの相手に対する愛情を一度冷静に考えてみましょう。

相手が、どれだけあなたにとって大切な存在なのかを考え直す、良い期間でもあります。

しかし、冷却期間はしっかりとした意志を持っていないとダラダラな関係に逆戻りをするのも簡単です。

一度冷静に考えて、この先の2人の関係をどうするのかをしっかりと考えたいというあなたは、冷却期間という重みのある時間を大切に過ごすことをおススメします。

冷却期間中に電話がきてしまったらどうする?

あなたがしっかりとした意志を持って冷却期間を過ごしていたとしても、必ずしも相手も同じような硬い意志を持っているとは限りません。

今回は、そんな冷却期間に相手から電話がきてしまった時の対処方法をお伝えいたします。

まずは、相手から電話が着た時に素直に自分はどう思うのかというのがカギになります。

電話が鳴った時、「あ!彼から電話が来た!」とドキドキするほど嬉しいのか、それとも「何で電話してくるのよ!」とせっかく冷却期間をとる決心がついたあなたの気持ちをばかにしているのかとイライラするのか。

この両者の違いには、もともとの冷却期間をとった理由が直接かかわってきます。

どちらかの何かしらの行為により、どちらかが傷ついてしまった。そのやってしまった行為に対して冷静に向き合ってほしい。

そして相手をどれだけ傷つけてしまったのかを再認識して、頭を冷やすために取った冷却期間なのか。

もう一つは、マンネリ化する2人の関係を、一度冷却期間を置くことで、将来をどうするべきなのかをお互いがしっかりとじっくりと考える時間を作るためのものなのか。

この2つのどちらかの理由によっても、冷却期間中に相手から連絡来た時の対処方法は違ってきます。

後者なのであれば、きっと彼はあなたに会えない寂しさから冷却期間が終わる前に連絡をしてきた可能性があるので、電話に出てじっくりと彼の心の声を聞いてあげるべきでしょう。

しかし、前者の理由であれば、冷却期間中は甘やかさず、しっかりと頭を冷やす期間として厳しくするべきです。

でも罪を犯したのがあなたなのであれば、冷却期間中はあなたは相手に対して罪の意識を持つべきです。しっかりと自分に向き合い、連絡はなるべく取らない方が良いでしょう、

いずれにせよ、冷却期間はお互いにとって将来の2人の関係のステップアップにもつながるものです。

一度冷却期間を作ると思ったのはそれなりの理由があってのことですよね。

そうであれば、しっかりと自分と向き合い、本当にこの人とこのまま関係を続けるのかを一度しっかりと考える時間として過ごすことがベストであると言えます。