復縁心理学

復縁の前兆とされる夢とは?見たら絶対活かしたい夢占いはこれ!

別れた恋人との復縁を願う人の中には、現実的な進展がなかなか期待できず、ついつい占いや迷信に救いを求めてしまうという人も少なくないのでは?

そこで今回は、なんの手間も出費もなく挑戦できる占いのひとつである“夢占い”から、“復縁の前兆とされる夢”と、反対に“復縁失敗の前兆とされる夢”をピックアップしてご紹介していきます。

さっそく今晩の夢からチェックして、復縁のチャンスを逃すことなくしっかりとつかみとってくださいね。

夢はあなたの過去・現在・未来を映し出す鏡

一般的に、“夢”は睡眠中の脳が記憶を整理・分類する過程で再生される過去の記憶の断片や架空のイメージとされています。

一方で、スピリチュアルの世界に目を向けてみると、“夢”というのは自分自身の潜在意識や高次の存在からのメッセージであり、たくさんの啓示を与えてくれる神秘的なものと考えられています。この、“人が見る夢にはそれぞれに意味があり、見る人の過去・現在・未来についてたくさんの示唆を与えている”という考え方こそが、現代にまで連綿と受け継がれてきた“夢占い”の礎といえるでしょう。

夢占いを信じる信じないはその人次第ではありますが、復縁のようにどうしても叶えたい願いがあるとき、この先どうなるのかが不安でたまらないとき、心の拠りどころとして夢をひも解いてみるのも心の平安を取り戻すためのひとつの手段といえるでしょう。

復縁の前兆とされる夢3選!このチャンスを見逃すな!

ではここで、“復縁の前兆とされる夢3選”をご紹介していきましょう。

ここでご紹介する“復縁の前兆とされる夢”は、数ある“復縁の前兆とされる夢”の中でも特に復縁の成就が期待できる強力なもの。あなたに別れた恋人との復縁をどうしても叶えたいという思いがあるのなら、ここでご紹介する夢を見たタイミングを逃す手はありません。

ぜひここでご紹介する三つの“復縁の前兆とされる夢”を心に留め、毎日の夢と照らし合わせてください。あなたが念願の復縁を果たす時期というのは、案外すぐ目の前まで迫っているのかもしれません。

ラブレター・メールを受け取る夢

“復縁の前兆とされる夢”一つ目は、“ラブレター・メールを受け取る夢”です。

この場合、夢の中で受け取った“ラブレター・メール”は、夢を見た当人が思いを寄せる人物からの好意や愛情の象徴と考えられます。つまり、もしもあなたが“ラブレター・メールを受け取る夢”を見たのなら、あなた同様に別れた恋人もあなたを忘れることができず、あなたへの思いを胸に秘めていると判断できるのです。

復縁を望む人にとって、これほどの吉兆はありません。「でも、しょせんは夢占いだし…」そう考えてしまうのももっともではありますが、もしもこの夢の啓示が真実のものであったなら、ここで行動を起こさないことによってあなたはまたとない復縁のチャンスを逃してしまうことになるのです。いつか訪れるだろうチャンスをまっているのなら、いまこそがそのときといえるでしょう。

火事によって自宅や実家が全焼する夢

“復縁の前兆とされる夢”二つ目は、“家事によって自宅や実家が全焼する夢”です。

家事の夢というと、なんだか不吉な出来事の前触れのように感じてしまう人が多いのでは?けれども夢占いの世界において、“家事の夢”は吉兆の中でもとくに大きな幸運の暗示として知られる存在なのです。

というのも、夢占いにおいて、“家事”が意味するものは“浄化”。多少の犠牲は払いつつも、すべてを焼き尽くす炎が不浄な存在はもちろんのこと悪運までもすべてを消し去り、周囲を清めるとともに運気を高めてくれるものと考えられているのです。

つまり、復縁を目指すあなたが“家事の夢”を見た場合、その解釈は、“二人の悪い記憶や過去を清算し、より良い関係へとリセットされる”となります。別れ際に修羅場を経験したり、相手との関係でひどく傷ついた経験をもつ人ほど、この夢がもつ暗示は喜ばしいものといえるでしょう。

朝日が昇る夢、まばゆい光が印象的な夢

“復縁の前兆とされる夢”三つ目は、“朝日が昇る夢、まばゆい光が印象的な夢”です。

夢占いにおいて、“光”というのは幸運の兆しそのもの。その光が強く大きいほどに訪れる幸福も大きなものであると考えられています。中でも“朝日”は“新たなはじまり”の象徴でもあることから、二重の意味で幸福の暗示をもつ夢といえるでしょう。

“朝日が昇る夢、まばゆい光が印象的な夢”を見たのなら、いまのあなたは“どんな願いも叶えられる幸運の絶頂期”にあるといっても過言ではありません。あらゆることがあまりにも思いどおりに運ぶため、あなた自身とまどってしまうことすらあるかもしれません。当然ながら、“復縁”というなによりの願いも遠からず叶えられることになるはずです。

復縁失敗の前兆とされる夢3選!復縁活動はNG!

続いて、“復縁失敗の前兆とされる夢3選”についてもご紹介していきましょう。

運気が好調で、行動を起こすのに最適なタイミングがあれば、その一方で運気が低迷し、行動を控えるべきタイミングというものも存在しています。

ここでお伝えするのは、そんな“行動を控えるべきタイミング”を示唆してくれる夢たちの中でもとくに強い暗示をもつ3つです。これらの夢に心当たりがあるときは、どれほど復縁に対する思いが高まっていようとも具体的な行動は慎みましょう。長い目で見れば、それこそが復縁への近道となるはずです。

元カレとラブラブなお付き合いをしている夢

“復縁失敗の前兆とされる夢”一つ目は、“元カレとラブラブなお付き合いをしている夢”です。

強く願い続けていることや、「こうなったらいいのになあ」と想像しているとおりのことが夢の中で実現する…これは、夢占いの世界において“願望夢(がんぼうむ)”と呼ばれているものです。

復縁を望んでいるときにこうした夢を見ると、「正夢かも」とうれしい気持ちになってしまうかもしれませんが、残念ながらそうではありません。この“願望夢”は、日頃から強くイメージしていることが睡眠中に脳内で再生されたもの。スピリチュアル的な意味合いをもつものではないのです。

この“願望夢”とは、夢を見た当人の願望や欲求が一方的で盲目的なことを示すものでもあります。復縁を含む恋愛について解釈するならば、少なくとも現状ではあなたと元カレのうちあなたの思いのほうが圧倒的に大きいものといえるでしょう。現段階で、相手が同じようにあなたを思っている可能性は残念ながら低いと考えられます。

この時期は、相手の気持ちは二の次に暴走気味のアプローチを仕掛けてしまいがち。取り返しのつかない事態を招いてしまうことのないよう自制することが必要です。

洋服や靴、アクセサリーなど身につけるものを選ぶ夢

“復縁失敗の前兆とされる夢”二つ目は、“洋服や靴、アクセサリーなど身につけるものを選ぶ夢”です。

夢に登場する“洋服や靴、アクセサリー”というのは、あなたのプライドや世間体、見栄の象徴とされています。これは、内面や精神的な充足よりも、外見や表面的な楽しさを求める心理の表れと考えられます。

つまり、いまのあなたが求めているものは、元カレとの深い絆というよりは、“自慢できる恋人の存在”そのものである可能性が高いのです。同時に、複数の“洋服や靴、アクセサリー”の中からどれかを選ぶ夢は、あなたの浮気心を意味するものでもあります。

あなたが復縁を望むその心の奥底にあるものが、元カレのもつステイタスや外見といった表面的なものに対する未練ではないかどうか、あなた自身の目でしっかりと見極めてみましょう。それができないうちは、たとえ復縁できたとしても満足のいく未来は得られないといえそうです。

元カレへの電話がつながらない夢

“復縁失敗の前兆とされる夢”三つ目は、“元カレへの電話がつながらない夢”です。

この“元カレへの電話がつながらない夢”というのは、ひとことで表すならば、“あなたに対する元カレの強い拒絶”を意味します。

スピリチュアルの世界では、“すべての魂はひとつの大いなる源から別れ出たものであり、無意識の世界で通じ合っている”という概念があります。その視点から考えてみると、“元カレへの電話がつながらない夢”は、“あなたの復縁を望む強い念を元カレの潜在意識が感じ取り、無意識にブロックしている状態”と解釈できるのです。

この夢を素直に解釈すれば、“元カレのほうにあなたに対する未練や愛情はほとんど残っていない”と判断できます。もちろん、これはあくまでも現時点での判断ですから、今後の展開次第で変わっていく可能性は否定できません。ただし、すくなくとも、いますぐにあなたが復縁活動をスタートさせて無事に成就させることができるかといえば残念ながら難しい…それが夢が告げる現状といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、“夢占い”をテーマに、“復縁の前兆とされる夢”、“復縁失敗の前兆とされる夢”についてくわしくご紹介してきました。

“夢占い”と聞いて、どこかうさんくさいと感じる人は少なくないことでしょう。とはいえ、“夢”を生み出しているのが自分自身である以上、“夢”があなたにまつわる大切なメッセージを伝えてくれるものであるという考え方を完全に否定することはできないのではないでしょうか。

今回ご紹介した内容は、復縁に向けたあなたの今後の行動に大きなヒントを与えるものとなるはずです。“夢占い”そのものを信じるにせよ、信じないにせよ、決断を下すためのひとつのきっかけとして、ぜひあなたの未来に役立ててみてくださいね。